和菓子

みたらし団子

Mitarashi_dango

近所のスーパーは2階建てです。

生鮮食品のほとんどが置いてある2階で物色(?)した後1階に下りていると目に入るのが・・・ワゴンに並んでいる和菓子。おはぎ、お団子・・・。

お腹が空いていた時なんて、ほんとに目の毒(>o<)

ついつい、手が伸びそうになるのをぐっとこらえて帰ってきて・・・

作っちゃいました、みたらし団子。

それも1本だけ(笑)

白玉粉とほぼ同量のお水とお砂糖を少々混ぜて、丸めて茹でて冷水で冷やせばお団子の完成。タレはお醤油、水、砂糖、みりん、片栗粉を混ぜてチンして完成♪

出来立ては美味しかったです、とても(^m^)

 

桜が咲いたと思ったらこの寒さ。びっくりです。この急激な変化で体調崩れ気味。

雨というより霙ですもん、降ってるの。寒い寒い。

それでも、週末は晴れるみたいだから、お花見できるかな?

京都 手作りの金平糖

Konpeito

またまた久々の再会をしてまいりました。今度は中学時代の同級生。

彼女と最後に会ったのはちょうど3年前のGWの頃。

まだアメリカ行きの話がでる前の事。我が夫が大阪に転勤になり、東京と大阪を行ったり来たりの生活を始めてすぐの頃で、彼女の家にお邪魔させていただきました。大変だからこっち(大阪)に来ちゃおうかなぁ?なーんて話をした事を覚えてます。

あの時は本当にそう考えていたんだよ、ホントに。

 

3年ぶりの再会の地は迷った結果、JR京都駅に決定。梅田とか淀屋橋とかってアイディアもあったのだけれど、彼女の、“伊勢丹あるし・・・”の一言に、食い倒れの大阪は負け。気分は着倒れ(←私の場合はこっちも食い倒れかも?)京都一色に。

3年ぶりの京都駅。渡米前に日本らしいお土産を求め、真夏にやってきて以来。到着早々に、伊勢丹で日傘買ったんだったっけな。日差しの強い南カリフォルニアでも使うでしょう・・・なんて事を考えたのだけれど、実際は行ってびっくり。車社会だけに、日傘で歩くのは観光で来ている日本人ぐらい^^; 結局使うことなく持ち帰り、この夏ようやく日の目を浴びました。関西の日差しはSDと変わらないジリジリ、それで歩けって無理です(涙)。

さて。無事京都駅到着。自宅から1時間程。
懐かしい・・・???というよりも、記憶が吹っ飛んでいる私。京都駅ってこんなに広くて綺麗だったっけ?

 

さて。

ランチは最近よく見かける和がベースのバイキングのお店、柿安 三尺三寸箸へ。母とよく行く吉祥寺の伊勢丹にある自然食バイキングのわらべによく似てます。(わらべはお野菜中心です) 

今回はテーブル席についたのですが、窓際のカウンター席にすると10階からの眺めが見られ、それはそれで良かったかも。

 

食後は地下を散策(←これが目当て?!)。

そして買ってきたのが京都緑寿庵 清水の金平糖。迷ったけど湯葉は試食だけ^^;

季節(秋)限定"ラ・フランス"の金平糖です(^m^)

定番のソーダ味も好きなんですけどね。

限定の二文字に負けました。(←負けてばっかり)

 

お腹いっぱい食べて、しゃべって、買い物して。

あっという間に帰宅の路へ。楽しい時間は過ぎるのが早いのはいつものこと。

文字通り、京都駅から1歩も外に出ることなく帰ってきてしまったのでした。

大行列のかりんとう

Photo_2

母が送ってきてくれました。

東京駅のエキナカ“グランスタ”にある、かりんとう専門店の『日本橋錦豊琳』 さんのかりんとう、です。

店舗は日本に唯一ココ東京駅だけ、しかもおとり寄せもできないとなると行列は必至(詳しくは、日経トレンディの紹介コラムをご覧下さい)。母が行った日は40分待ちだったそうです。

 

かりんとう求めて行列中、という母のメールに、どういうものだかサッパリ知らなかった私は、かりんとう実演販売出来立てホヤホヤに行列しているのだと思っていたので、届いてびっくり。

かりんとうでネギミソ?! キンピラ???? 

黒くてポッテリした素朴なかりんとうのイメージを完全に裏切る装いにとにかくびっくり。

えー?! これがかりんとう???

早速試食してみると、これが、美味しい。 かりんとうって言われるとかりんとうなんだろうけれど、甘さ控え目だし、細身でいろんなバリエーションの味。

甘い、だけじゃないところがとっても新鮮で、これはもう新しいお菓子。

んーーーおいしい(^m^)

続けて和菓子のレポート(?)でした。

白いたい焼き

Photo

帰国以来ちょっとばかり気になっていた"白いたいやき"に初挑戦してみました。

お散歩の途中でお店を通りかかり、一旦通り過ぎたのに戻って買っちゃいました・・・(←またやってしまった^^;)

タピオカ粉を使って焼くというこの白たいやきの生地は、おうちに帰ってオーブントースターで温めてみました。

すると、外はパリッと中はモッチモチに。

今まで食べてきたたい焼きの生地とは全然違う食感ですがとっても美味しい(^m^)

餡は、オーソドックスな小豆にしたのですが、カスタードとか黒ごまとか、色々あるそうです。

あのルートのお散歩・・・危険だなぁ。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

先日買った電波時計、朝起きたらまたまた遅れていました。

今度は12分。

マニュアル調整しても数時間後には12分遅れになっているので、メーカーさんに電話して事情を説明。

すると・・・・修理担当の方曰く、電波受信障害とか電池が切れそうとかではなく、機械的な故障の可能性がとても高いので送って欲しい、とのこと。

不良品、のようです。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

早速メーカーさんに送りました。

有るべきところに時計がないって、かなり不便。

元気になって、早く帰ってきて!!(新品送り返してくれても、良いです、ハイ)

イチゴ大福とわらび餅

Dsc07201

またしても、男らしいアメリカイチゴで作ったスイーツ。

今度は、"イチゴ大福"です。

日本に住んでいた頃、自由が丘にあるお店の季節限定のイチゴ大福が大好きで、時期になるとウキウキで買っておりました。イチゴが2個も入ってるんです♪

初めて見たときには、あんことイチゴ?! ありえない(ゲテモノ?) って思いましたけれどね。 食べてみると美味しい。最初にこの組み合わせを考案した人に拍手です。

 

友だちが、和菓子(わらび餅・写真右)を持参してきてくれるというので、私も家にあるもの(またしてもイチゴを買ってあった、ってことです。ハイ)で作れる和菓子ってことでイチゴ大福を作ってみました。

求肥は、前作のハートのイチゴでお世話になりましたSarajaさんのレシピ本にあるもの。レンジでチンして、混ぜて、チンして、混ぜて・・・の繰り返しで簡単。

30分でイチゴ大福、4個できちゃいました^m^

レシピは、Sarajaさんのブログでも紹介されていますので、良かったらご覧になってください。

 

Dsc07200 友だちが持って来てくれたわらび餅。久々に頂いたのですがプルプルしてて美味しい♪

わらび餅は買って食べるものだと思っていたけれど、作れるんですねー。材料は何?って聞いたら、わらび粉、とのこと。 わらび粉・・・あの、山菜のワラビの粉??の訳ないかって思ったら、あの山菜の"ワラビ"の根っこからとれるでんぷんなんだそうです!!!
しらなかった・・・(>_<)

徐々にお菓子作りのペースも復活してまいりました。

遅ればせながら、今年もどうぞよろしくお願いします<(_ _)>

 

みたらしだんご

Photo

日系スーパーで見かける"みたらし団子"は、日本から冷凍で空輸されてきているみたいで、食べたいなーと思っても、買ってみる勇気が出ません(>_<)

そこで、作れないものかと思っていたら、お水じゃなくてお豆腐を使うと固くならないと聞き、早速作ってみたのがこれです。

とっても簡単手軽に作れます。

でも・・・日本にいたら作らなかっただろうなぁ・・・

みたらし団子(15~6個分)

 白玉粉       100g

 絹ごし豆腐    125~130g

<たれ>

 しょうゆ    大さじ1

 さとう     40g

 水       50cc

 みりん     大さじ1/2

 片栗粉    大さじ1/2

 

つくりかた

耳たぶくらいの柔らかさになるようにお豆腐の量を調節して加え、小さく丸めて沸騰したお湯へ。浮かんできたら2分くらいおいてザルにあげて水気を切る。

フライパンで焦げ目をつける (お好みです)

片栗粉以外のタレの材料を全部合わせて加熱し、沸騰したら火を止めて、水溶き片栗粉を加え、再び火をつけてとろみをつける

お団子を串に刺し(3~4個/本)、タレをかけて完成。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ