« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

バラのボックスアレンジ

Dsc09444mini_2

今回のお題は、バラを使ったアレンジメント。

箱に詰めたように仕上げる、ボックスアレンジ。

オアシスを輪切り(高さを半分にする)したものを並べて、箱型になるようにラッピングしたものを「花器」として使用。

箱に詰めるようなアレンジは、ブリザーブドフラワーで見かけますが、あれを生花でやっています。

Dsc09413mini
このデザイン、そんなに難しくはないです。

強いて言えば、箱型にラッピングするのがちょっと手間だったかな。

あとは、リボン作り(笑)

毎回の事ながら、手が攣りそうになりますわ。

Dsc09425mini

スプレーバラもあったので花数はもっとあるけれど、これで20本分のバラです。

結構なボリューム。

高さは20センチ強。

Dsc09458mini
バラの代名詞ともいえる、真紅のバラ。

これが入るとゴージャスな感じ。

Dsc09455mini
スプレータイプの、マーブル模様(絞り模様)のバラ。

変わってる‼

小ぶりなのに、存在感抜群。

Dsc09453mini
ピンク&白&オレンジのバラ。

ビタミンカラーのオレンジは、目立ちます(笑)

Dsc09429mini
バラは花や葉からどんどん水分を放出するので、霧吹きでも水分補給。

本当は花の裏側からの方が良いんだろうけれど。。。

これだけ沢山あるととても良い香りです(^^♪

フロマージュ クリュ

Dsc05897mini
今回のお題は、フロマージュクリュ。

フロマージュ=チーズ

クリュ=生

レアチーズケーキ、です。

ゼラチンを使わずにチーズが冷えて固める、というレシピ。

先生の作品デス。

で、こっちが私。 ↓

Dsc05900mini
いつもは自宅でもう一回撮るのだけれど、ムースフィルムを外すのに失敗したので写真はこれだけ(笑)

サントノーレ、という口金を使って絞った生クリーム。

初めて使う口金デス。

お魚にシイラっているけど、あれみたいな形かなぁ?

ツンと姿勢よく、頭の部分がシャキッと立ったラインが美しい。(ちゃんとできれば)

最初にボリュームを持たせる時に絞り袋を立てることで、頭の部分のアーチが綺麗にだせます。

Dsc09473mini
断面図。

うっすら中心に映っているのは、パイナップル!(のシロップ煮)

Dsc05677mini

ちょっと意外だけれど、チーズクリームにとっても合います。

土台はパートシュクレ。ベーシッククラスで作ったタルト生地の残りを使用。

これができていれば、チーズクリームの作り方は簡単。

材料を混ぜるだけなので。

一度冷凍して固める、というのがちょっと大変(冷凍庫のスペースと時間)だけれど、ぜひとも自宅でも作りたいと思うケーキでした♪

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

連日の暑さから解放されたので、雨が降ってくる前に花壇の植え替えをしようかなと、土おこし。

乾燥させておいたとはいえ、土はパッサパサ(>_<)

その割には給水が悪い。(水たまりになる)

これはもう、土がボロボロで肥料を加えたり耕したりするだけじゃダメだと土壌改良剤を使注文してみました。

どうなるかなぁ・・・。

スリーポイント アレンジメント

Dsc09345mini

今回のお題は、Three point Arrangement.

段違いの3か所をラインでつなぐ、というアレンジでございます。

それぞれのポイントは高さを抑えてラウンド状に活けて、それを曲線でつなぎました。

淡いピンクの色合いで、やさしいイメージ。

結婚式場でありそうなアレンジ・・・かな???

Dsc09380mini
一番下の段↑

百合が全開になったらカーネーションが潰れそう(笑)

Dsc09378mini

これは中段。

両方の百合が咲いたら・・・・(笑)

Dsc09400mini

Dsc09388mini

最後に上段。

ガーベラはここに集めて、百合は小さいつぼみだけ。

Dsc09402mini
今回初登場の花材、サンダーソニア。

コロンとした袋状のオレンジ色の花が可愛い花。

動きがあるので、切り花を花瓶に挿すだけでも絵になるんじゃないかな。

細いけどけっこうしっかりしています。

背筋のピンと伸びた花です。

Dsc09398mini
アルストロメリア。

単品で見るとこの色合い、あんまり可愛くないんだけど、このアレンジの中では良い感じのアクセントになっているんじゃないかと。。。。

水揚げがちゃんとできれば、つぼみもきれいに開きます。

Dsc09397mini

マトリカリア。

マーガレットよりも小さく、カスミソウよりも存在感のある小花。

こちらも可憐で動きがあるので、曲線的なデザインのアレンジの時には良い感じで使える花。ただ、すぐくた~っとなるのが難点。

Dsc09357mini

このアレンジ、花器が小さい(中段&下段)のでお水をキープするのが大変。

特に百合はものすごく沢山水を飲むので、こまめに水差ししないとすぐ枯れちゃう(>_<)

それでなくても連日の暑さ。

困ってしまう。。。

バターロール

Dsc_0267mini_2
バターロールを習ってきました。

自分で成形して、焼きあがったもの。

このくらいしっかりとした焼き色を付けるのだそうです。

裏側もしっかり↓

Dsc_0266mini_2
バターロールは、その名の通りクルクル巻いて、ロール状に成形したパン。

クルクル巻いて作った証は、断面をみると良くわかります。

断面が渦巻状。時計回りにグルグル↓

Dsc_0263mini_2
この渦巻状に焼きあがった生地が独特の、もちっとした食感を生むのだそう。

外はしっかり焼き色を付けてパリッと、中はふわっともちっと。

この絶妙な感じがとても美味しい(*^^*)

バターロールって、こんなに美味しいパンだったんだ!と目からウロコ。

しかも、この成形が美味しさの秘密とは・・・。

そういえば、おにぎりもお寿司も、握り方でずいぶん変わりますもんね。

成形を侮るなかれって事みたいデス。

その、侮っちゃいけない、バターロールの成形は・・・

円錐状に生地を丸め伸ばし、太い側から3分の2をめん棒で広げて、くるくる巻いていきます。広げた部分を巻き終えたら手に取って、広げていない生地をやさしくつぶし伸ばしながら巻いていき、巻き終わりを下にしたら完成。

巻いた生地がセンター合わせになっていて、厚みを均一にすること、が大事。

肝は、生地を「きれいな」円錐状(約20センチの長さ)にすること、かな。

こればっかりは地道にコツコツと、練習あるのみ。

パンもお菓子も、脱自己流。

結果その奥深さにクラクラ(眩暈)きてます。。。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

そもそもなんでバターロールだったのか??

それは、塩パンです、塩パン。

愛媛生まれの塩パンを食べて、ぜひともこれを作りたーい、と思ったわけです。

塩パンは、バターを芯にしてくるくる巻いてバターロールのように成形した生地の表面に塩を振って焼いたもの。

中のバターが溶けて、底の部分はクロワッサンのようなバターの香りとカリッとさくっとした食感で、生地はフワッとしてるのにクルクル渦巻効果でモチっとした食感、トッピングの塩で甘じょっぱく、という絶妙な美味しさ(^^♪

で、調べた結果、運よくバターロールの「成形」のレッスンを発見し、即受講、となり、成形の奥深さを知ることに。。。(--〆)

安易に塩パン作りに手を出せなくなってしまった。。。(+_+)

Inverted T

Dsc09196mini
Inverted T(インヴァーテッド ティー) = 逆さまのT。

今回のお題です。

分かっちゃいたけれど、三次元を頭の中でイメージして形を作るのは、難しい(>_<)

目指した形は、三角錐のウエストがギュッとしまった感じ??

難しかったけれど、直線的なデザインは、ラインが際立つようにしっかり作り、シャープさを出すことがポイントなんだなーと実感。

今回また一つ、形を作っていくコツが分かったような気がします。

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

今回の花材。

初登場のグラジオラス

Dsc09229mini

大輪のトルコキキョウ

ボリューム満点!

Dsc09231mini

開いたらどうなるか?!
百合の花

Dsc09247mini
今回は濃い色合いのデルフィニウム

Dsc09253mini

ピンクのバラ

Dsc09234mini

黄緑のスプレーマム(小菊)

Dsc09244mini
カーネーション

Dsc09238mini
初登場のブローディア(姫アガパンサス)。ユリ科の花だそう。

Dsc09226mini
。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

またまた車飛ばして横浜の産直へ。

今回は少し早く到着したので卵(6個入り)をゲットすることができました。

人気なので、早く来ないと買えないのだとか。(レジのおばさん情報)

確かに。私のあとから来たおじさんが、残りの卵すべて持っていきました。

イチゴも、レジカゴいっぱいに、10パックくらい買っていくおばさんもいました(^^;

で、我が家の戦利品↓

Dsc09270mini

ラディシュ、ルッコラ、水菜、新玉ねぎ、ミニ玉ねぎ、蕪、ブロッコリー、ホウレンソウ、リーフレタス×4種

スーパーだと、チマチマと小分けされた鮮度不明の、ラディシュやルッコラ、リーフレタス類を、鮮度抜群の状態でお安く買えるのがとても嬉しい(*^^*)

Gateau de saison (季節のケーキ)

Dsc09162mini
5月最初のレッスンは、Gateau de saion=季節のケーキ。

イチゴのショートケーキです。

ふわっふわのスポンジに、たっぷりのイチゴとクリームを挟んで、生クリームを塗ってイチゴをトッピング。

決して滑らかとは言えないクリーム。。。

過去一番難しかったです、ハイ(笑)

Dsc05669mini

焼きあがったスポンジ。

ここまでは、難なくクリア。

フワフワで、シロップなしでもしっとりした生地。

滑らかな口どけで、本当に美味しい生地です♪

イチゴを挟んだ断面はこんな感じ↓

Dsc09181mini
カットも難しい。

パン切り用の刃の長いナイフで、刃を往復させずに切ると断面が綺麗に出ました。

こちらは先生のデコレーション↓ とーーっても綺麗(*^^*)

Dsc05668mini

連休のあれこれ ~うだつは上げるもの??~

Dsc09118mini
ここは、うだつを上げた街並みが残っている、徳島県美馬市脇町、です。

なかなかパッとしないことを、うだつの上がらない、などという「うだつ」は、これの事なんだそう↓

Dsc09122mini

これ↑

隣接するお隣さんとの境につけられたもので、防火を役目をしていたそう。

Dsc09121mini
この「うだつ」を取り付けるのはそれなりにお金がかかり、江戸時代には裕福な商家は競って「うだつ」(=成功の証)を上げた立派な家を造ったそう。

これを転じてなかなか成功しないことをうだつが上がらない、と言うようになったのでは?と説明書きがありました。

Dsc09131mini
このお家は左右2段づつ。

大成功したお家のようです。

ついでに・・・

足元のマンホールと消火栓もパチリ

Dsc09133mini

Dsc09136mini

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

Dsc09039mini
連休スタート時に焼きました。

紅茶のパウンドケーキ↑

そして、栗のタルト↓

Dsc09041mini

どちらも数日寝かせると、バターがなじんで本当に美味しい(^^♪

連休のあれこれ

Dsc09073mini
連休中に撮った写真です。

ポピー畑へ。

Dsc09077mini
青空じゃなかったのが残念。

Dsc09070mini

Dsc09076mini

Dsc09088mini
ビオラとのコラボ

Dsc09090mini
名前が分からないのだけれど↓

小さいキンギョソウのよう。

Dsc09103mini
同じ株から色々な花が咲いてました。

Dsc09101mini

Dsc09100mini
そして発見!!

四葉のクローバー♪

そんなに簡単に無いよー、と言った足元に、ありました(笑)

Dsc09114mini

ホリゾンタルクレッセント

Dsc08962mini
連休前の作品です。

ホリゾンタルクレッセント=平置き(水平)の三日月型。

Dsc09004mini
いや~時間かかりました(笑)

Dsc08947mini
斜めから見たらこんな感じ。クロワッサンのようなふっくらした感じに。

3次元が苦手な私が、良くやった!と自画自賛。

今回の花材は・・・

Dsc08969mini
このガーベラ、発色がとても良くていいアクセントになりました。

Dsc08979mini
デルフィニウム。

習い始めて半年。使うのは初めてかな??

Dsc08968mini
バラは最近の定番の花材。

Dsc08983mini
デンファレも最近多いかな。

形を作るアレンジメントで使うのは、正直ちょっと難しい。

向きが安定しないので・・・・(笑)

Dsc08980mini
マーガレット。こちらも初登場。

儚げで可愛い花です。来年は、花壇に植えたい!

Dsc08984mini
やさしいフリル、やさしい色合いのカーネーション。

Dsc08967mini

まだ5月だというのにこの暑さ。

切り花にはとっても酷な状況。

参っちゃうな・・・

グレープフルーツを茹でる!

Dsc08915mini
フロリダ産グレープフルーツが美味しい季節となりました。

で、テレビでやっていた簡単に皮をむく方法、

「グレープフルーツを丸ごと茹でる!」

を実践中。

3分程ゆでてから氷水で冷やすだけで、簡単に手で皮が剥けるようになります。

Dsc08905mini

白いモフモフしている部分が皮にくっついてペロン。

Dsc08902mini
剥けた跡は、まるでミカン!

Dsc08908mini

実の方にわずかにくっついている薄いモフモフも、ペロリン♪

更に・・・

Dsc08911mini
薄皮だって簡単、きれいに剥けます。

茹でるメリットはもう一つあり。「苦み」と「酸味」も溶け出すので「甘み」を感じやすくなる=美味しくなる、んだそう。

茹でる前後の違いを確かめることはできないから比べられないけれど、茹でてから剥いたグレープフルーツはすべて、独特の苦みをほとんど感じなくなるのは事実。

茹でたてのグレープフルーツからは、もの凄く良い香りがします。

天然アロマって感じ。

幸せな気分になります。

グレープフルーツだけじゃなく、夏ミカンとかでも、茹でれば皮がするりと剥けるようになるのかな・・・??

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

連休中、毎度のことながら食べまくってました。

今回は、天然ウナギが頂けるという「うどん屋さん」に行ったり、イチゴ農家さん直営のジェラートやさんに行ったり、愛媛生まれで、ジワジワと人気が出ているという「塩パン」を食べたり・・・。

どれもこれも美味しかったです(^^♪

また、産直で仕入れる新鮮野菜にもハマってしまい、現在、冷蔵庫の野菜室はパンパン。(これは連休前から。産直めぐりしてます)

そこで発見「はまぽーく」。

なんと、横浜で育てられた豚、なんだそう。(次回行って有ったら、買ってみようかな)

それにしても、ヨコハマ産ブランドの豚って。。。

恐るべし、横浜市。

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ