« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

コーンマヨ&枝豆チーズ

Dsc09757mini
またまたパンを焼きました。

枝豆入りのチーズパン↑と

コーンマヨチーズパン↓

Dsc09758mini
生地を四角く伸ばして、ロールケーキのように広げた具をくるくる巻いて輪切りにして焼きます。

パン屋さんになった気分で、なかなか楽しい(^^♪

焼きあがって試食してみると、全体的に薄味。

具には、マヨもチーズもかなり入れたつもりなんだけど。。。

全体的に物足りない感じ。

もっとパンチのある味付けにしなきゃダメなのかな・・・

でもそれって、良いのか?!

スノーボール

Dsc09755mini
ひっさしぶりに、クッキー焼きました。

クルミがいっぱい入っている、サクサクのスノーボール。

粉砂糖をたっぷりかけて。

Dsc09754mini
クリススマスのプチギフトにも。

バターと粉砂糖をフワフワになるまで泡立ててから、粉類を投入。クルミも混ぜて、丸めてオーブンで焼くだけ。

今度は和三盆で作ってみようと思います♪

リンゴのカップ

Dsc09720mini_2
思わず買ってしまいました@ニトリ。

りんごのふた付きマグカップ。

寒くなってきたし、朝食に、これで野菜スープ↓

Dsc09748mini

カップは、ふただけじゃなくてスプーンも付いてます。

ヘタのところはスプーンの柄。

Dsc09752mini

朝から洗い物は増えるけれど、可愛いから許す!と活躍中 (^^♪

それにしても、昨日、今日と、寒い~(ノд・。)

ウィークエンドシトロン 国産レモンで

Dsc09702mini

国産レモンの旬の時期がやってまいりました♪

夏にシチリア産のレモンで作って以来の、ウィークエンド・シトロンです。

「グラス・ア・ロー」を習った成果もバッチリ。

Dsc09708mini

ピカピカのツヤツヤに仕上がりました(^_^)v

前回(酷いなー、しかし・・・)からの進歩には、我ながらアッパレ‼

先日、紅茶のケーキを復習した際もピカピカに仕上がったけれど、時間と共に上面だけ艶が無くなってしまったことを先生に話したら、乾燥不足を指摘されました。

上が厚塗りになっていて、内側から水分がでてきたのかも・・・と。

今回は、上面だけが厚塗りにならないように気を付け、さらに乾燥させるのも沸騰してジャリジャリにならないように、でもきちんと乾燥するように、オーブンの窓越しに「にらめっこ」しながら仕上げたので、2日たってもツヤツヤのまま。

やっぱり乾燥不足だったみたいです。

Dsc09712mini

断面も、きめの細かい、フンワリしっとり。

夏じゃなくても、爽やかで美味しいケーキです。

Gateau Roule (ガトー・ルレ)

Dsc09553mini

今回のレッスンは、初の生ケーキ。

ロールケーキでございます。

共立ての生地で、乳脂肪分の異なる2種類の生クリームをブレンドしたオリジナル生クリームをたっぷり巻きました。

弾力のある生地に、コクがあるのにあっさりしたクリームが絶妙♪

Photo
散々作ってきたロールケーキ(スポンジ生地)ですが、今回もまた、学ぶことがたくさんありました。

生地で線が描けるくらいまで泡立てる、ってどーゆーこと?なんて思っていたけれど、ハンドミキサーから垂れる生地で本当に線が描ける!

とか

比重の重たい水分(バターや牛乳、ハチミツ)を混ぜる時は、まず少量の生地と混ぜて比重をフワフワの生地に近づけてから加えれば、泡をつぶさずに済む

とか

巻きが緩かった時の締め方

とか

生クリームの、6分立て、7分立て、8分立て、の具体的な状態

なんてのを、実際に見ることができるのは、毎度のことだけれど本当に勉強になりました。

生クリームも乳脂肪分の異なるものをブレンドし、こだわりの口当たりに仕上げたのですが、自宅でこれを再現するのは無理だ!!

と思ってました。

生クリーム1つ、200㏄だってロールケーキ1本じゃ使い切れないのに、2種類買ってきてそれぞれ余ったら、どうすればいいのよ⁈って。

が。

今朝やってたんですよね、テレビで。

バターは手作りできますよ、って。

そうだった。生クリームを分離するまで撹拌したら、バターになるんだった。

ってことは、2種類買ってきて、残った分はバターにしちゃえば良いわけで、じゃあパンも焼かなくちゃ♪

贅沢だなぁ・・・(笑)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

最後に、カットした自作のケーキはこんな感じでした↓

Dsc09595mini

断面のクリームがにじんでるのは、ご愛嬌ということで。

アドベント

Dsc09678mini
今回のお題は、胡蝶蘭を使ったアレンジ。

テーマは「アドベント」。

キリスト教の、クリスマスの4週前からキャンドルに火を灯して週ごとにカウントダウンする、という習慣に用いるもので、アドベントリース(リースにキャンドルを4本立てたもの)の方がメジャーな形なのかもしれないです。

Dsc09681mini

今回メインの花材である胡蝶蘭。

とっても綺麗♪

胡蝶蘭をアレンジで使うなんて初めて。

ううん、切り花だって見たことが無かったので、ちょっとびっくりしました。

見ての通り、とっても「のっぺり」した、平べったい花なので、これをメインにドーンと決めると、平べったいアレンジになってしまい、毎度のことながら悪戦苦闘(◎_◎;)

Dsc09688mini

バラで高低差と奥行きを出して、のっぺり感を解消。

ガーベラも、高い(上側)方を奥に引っ込めて凸凹をだします。

Dsc09682mini
といった、手直しを先生にしていただきまして、完成しました。

Dsc09691mini

今回のポイントは、花材を低く使うことと、グルーピングをすること。

グルーピング=同じ種類の花をできるだけ集めて使うこと。

いつもは、全体にバランス良く散らすように、というのを心がけるので、いつもと真逆です。

花材が白ばかりなのですが、グルーピングすることで「まとまり」が生まれたような気がします。

そしてもう一つ。

Dsc09687mini

久しぶりに「リボン」も作りました。ちょっと見えにくいけれど・・・↑

ブーケを作るのに、散々練習したリボンワーク。

理屈は覚えてたけど、手が全然動かなかった・・・(/ω\)

Dsc09673mini
2週続けてのクリスマス、でした。

鎧塚ファームの抹茶のケーキ

Dsc09445miniじゃーん♪

お友達から、鎧塚ファームの抹茶のケーキをいただきました。

デコレーションが可愛い。

箱を開けると。。。

Dsc09441mini

こんな感じで

Dsc09442mini
カットしてみると

Dsc09456mini

抹茶生地の中に、なんと「求肥」が入っております!

面白い!

抹茶の生地はとってもとっても濃厚で美味しい。

ので、ペロリ。

ご馳走様でした~

プチパン 色々

Dsc09480mini
プチパン色々、焼きました。

習ってきた生地の配合は、準強力粉と全粒粉を使ったセミハードパンだったけれど、準強力粉が中途半端に残ってしまったので、強力粉と合わせた配合のあっさりにしたので、比較的フンワリしたパンに。

Dsc09483mini
チーズ爆発(笑)

Dsc09482mini
もう少しトゲトゲをしっかり出したかったんだけど・・・・

ハリネズミのチョコパン。

Dsc09484mini
これは、シャウエッセンが一本入ってます。

もう少し生地の量を減らして、切れ目からシャウエッセンが覗くようにすればよかったかな。

Dsc09485mini
コーンのパンも、チーズが溶けちゃった(笑)

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

出来立てパンは、フワフワで、美味しい~♪

翌朝、トースターで温めて朝食に。

んー、美味しい! 焼きたてと変わらない(と思う)!

朝焼きたてのパンを食べるのが理想だけれど、さて、パンを作りましょう!とキッチンに立ってから焼きあがるまで、3時間。

8時に食べたければ、5時から捏ね始めなくてはならない。

これは、あり得ない・・・・。

昨日焼いたパンだって、トースターで温めれば焼きたてのように美味しいことも分かったし、前の日に焼いたので十分。

時間短縮できるかどうかはわからないけれど、「作業時間」は減るので、今度からは一次発酵まではHBにお願いして焼くことにしようっと。

ツリー完成

Dsc09516mini
ツリー完成しました。

ずいぶん華やかになったのではないかと・・・???

比較してみると

Dsc09476minihorzmini

結構時間がかかった割には、あんまり変化を感じないなぁ。。(ρ_;)

Dsc09493mini
こうしてみると、ブリザーブドフラワーって生花みたい。

Dsc09496mini
これは着色しました!って感じ?

Dsc09529mini
この真っ白は本当に綺麗。

繊細なので崩れないように花を開く(開花したように見せる)のに苦労しました…(^^;

Dsc09526mini
この小さいリーズをどこにつけるか?で雰囲気がガラリと変わったと思うのだけれど、右下にぶら下げるようにつけてみました。

Dsc09527mini

松ぼっくりは、ボンドで固定してます。

一度やってみたかった、ブリザーブドフラワーのアレンジ。

もう満足です♪

初のブリザーブドフラワー

Dsc09476mini_2

初めて、ブリザーブドフラワーに挑戦しました。

いつもは生花を扱うクラスなのですが、今回だけは特別。

そしてお題は、クリスマスツリー(早っ)

飾りつけをする前段階、ブリザーブドフラワー(バラ)の処理

1.ワイヤリング

2.崩れないようにグル―で固定し

3.ピンセットとコットンを使って花びらに空間を作って広げる

に私は1時間ほどかかったため、更に1時間半粘ったけど、完成に至らず。

いつもは手も口も動くことの多い、比較的和やか(にぎやかとも言う?)クラスですが、細かい作業に集中するあまり、教室内は水を打ったようにシーン。

時間だけが過ぎていき、開始から1時間半を経過したあたりで、ギブアップの声がチラホラ…。

無理だわ~、、先生今日は。

あとは、家でやります・・・と。

私はそれでもさらに1時間がんばって(最後までやってるのは毎度ことなので)、なんとなく形にしたところでギブアップ。

いや~、疲れました。

ブリザーブドは、直射日光や水分に弱いとのことで、玄関に。

完成させた写真を次回先生に見せなくちゃいけないので、頑張らなくちゃ!

Dsc09474mini
最初の写真だけだと、完成してるじゃんとも言われそうなので・・・(^^;

左に映ってるのが、処理済みのバラです。

葉っぱも、リボンも、まだまだ残ってます。

はぁ。

プチパン復習 クープもちょっと上達した?

Dsc09440mini

早速、プチパンの復習しました。

つくづく、温度計を買ってきてよかったな~と。

室温も私の手の温度も、そして思いのほか水温も低くて、捏ね上げた生地の温度も25度。

なので発酵時間を長めに設定。

ベンチタイムも長めにとって、生地が緩むのを待ちます。

Dsc09439mini

教室では、ためらわずにスピーディーに、と言われたクープ。

ためらったり迷ったらどうなるか?を身をもって知ったので、迷わず、スッパリ。

でも、ちょっと深かったかもしれないなぁ。

(あ、温度計と一緒に、クープ用の刃も買ってきました)

前回よりは、ためらいがない分かなり綺麗になったかな。

Dsc09438mini

ここで、先日習ってきたパンのうんちく話。

パンは小麦粉と水を捏ねることでできる「グルテン」の「膜」に、イーストと水と糖によっておこる発酵で発生した「ガス」が貯まって膨らんだ風船のようなもの、なんだそうです。

だから何?って話ですが、パンを生地から捏ねて作るとなると、この話は「なるほど!」な話。

グルテンが多い=膜が良く伸びる=風船が大きくなる=フワフワ膨らむパンになる

グルテンが少ない=膜があんまり伸びない=風船は大きく膨らまない=しっかりしたパンになる

という理屈。

だから、捏ね不足は膨らまないし、発酵不足も膨らまない。

勉強になりました、ハイ。

今日のパンも、お友達にお届け。

美味しく食べてもらうことができました(^^♪

そして今、違う配合のパンを製作中。 今日は生地の温度が27度前後と目標に近い温度で捏ね上げたので、順調に発酵してくれるかな~

結果はまた、後日。

プチパン 

Dsc_0809mini_2
今度はパンを習ってきました。

全粒粉入りのプチパン、です。 これが↑私の作品。焼きたてです~。

先生の目の前に陣取って、事細かに徹底的にチェックしてもらって焼いたパンです。

半分は友達に食べてもらいました♪

美味しかった、と言ってもらえてホッ。

Dsc_0803miniこっちは、先生の作品↑

クープ(切れ目)がとっても綺麗。さすがだなぁ~

Dsc_0808mini

試食させていただいた、パンです。

この、パックリ切れて、切れ目まで綺麗に色が入ってて・・・

添えてあるのは、ツナ缶で作るパテです。

スマホのカメラで適当に撮ったので、酷い写真ばかりですが・・・(涙)

帰ってから、一眼で撮りました。

ずっとずっと、美味しそう。(実物は、断然こっちです↓)

Dsc09429mini
というか、本当に美味しかったです。

美味しかっただけじゃなく、パン作りのコツをしっかり学ぶことができたかな。

HBにお任せ~で生地を作って、成形して焼くだけ・・・それでもやっぱりギモンはいっぱいで、これで良いのかなぁ?って、常に疑っていたことが、かなりスッキリ。(間違ってた、やっぱり)

学んだ結果、やっぱ必要よねってことで、温度計買ってきました。

まずは復習して・・・・

バター不足でケーキを気軽に焼けないから、しばらくはパン焼きを極めようかな。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

先日のお花、百合がしっかり開いてきました。

Dsc09423mini

このボリュームで両サイドの百合が開いたので、ダイヤ型は崩壊してきたけど、とっても華やかです♪

ダイアモンド

Dsc09404mini
今回のお題は、ダイアモンド。

真上から見ると、ひし形に見えるようにするのですが、これがまた、とっても、難しい。。。

Dsc09401mini
ちなみに、横から見たら、緩やかなカーブを描くようにします。

うーん、芋虫っぽい(-"-)

Dsc09405mini

前回のハロウィンの時に続き、とってもカラフルな色使いでしたが、形に奮闘するあまり、配色のバランスとか、考える余裕は全然無かった(-"-)

次はこんなに苦しまずにできますよ~、と先生からの慰めもあったのですが・・・あんまり自信ないなぁ。

Dsc09409mini
紫のマム。

Dsc09408mini
オレンジのバラ

Dsc09412mini
活けたときは完全につぼみだった、百合。

すに良い香りが漂ってます。

百合の花粉は衣服についたらまず取れないので指が入るくらいに開いてきたら、指を入れておしべの先端を取っちゃいます。

このタイミングなら、まだ花粉は袋の中なので手も汚れないし。

花びらに傷がつかないように慎重に、慎重に。

・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

あれ?

今日は雨の予報だったのに、お日様がでてきました。

昨日はホントに寒かったからな。

これで少し、暖かくなるかしら?

紅茶のケーキ 復習

Dsc09333mini
本当は、フルーツケーキを習ってくる前にやったんだけど。

紅茶のケーキ、再びトライ。

バターをマヨネーズ状に、とか、お砂糖を入れて白っぽくフンワリ、は前回のマフィン同様。

粉を入れて艶がでるまで混ぜて、型に入れて焼く。

Dsc09309mini

粉っぽさが無くなってから、このくらいつやが出るまで混ぜてOK。

Dsc09310mini
流した生地を、ゴムベラをつかって凹ませるとき、ヘラを型の内側に沿わせると綺麗にできるというちょっとしたコツも、バッチリ。

焼き温度は、ガスオーブンなので、今回も20度低い150度で。

焼き上がりはこんな感じ。

Dsc09312mini

縦に切り込みを入れなくても、膨らんでパックリ口を開けました。焼き時間は40分。

裂け目にも色がついてますからバッチリ、かな。

暑いうちにシロップを打って、ひと肌まで冷ましてから、いよいよ仕上げのグラスアロー。

Dsc09321mini

ガスオーブン180度で、1分30秒で表面が乾きました。

触ってもベタベタしなければOK。

シュワシュワにならず、ピカピカに仕上がりました!大成功♪

グラスアローの材料は、粉砂糖と水分。

ケーキが人肌まで冷めてから、刷毛で4面にしっかり塗って、200度に温めたオーブン(電気)で1分から2分加熱。

シュワシュワするまで温めると、キラキラした仕上がりにならないので要注意。

オーブンの予熱が終わってから塗り始めるで良いと思います。

ケーキクーラーに乗せたままオーブンに入れちゃいます。(短時間なので)

無事、キラキラに仕上がりました。

次はフルーツケーキの復習をしなくては(^^♪

Cake au Fluits

Dsc09388mini

今回のお題、ドライフルーツがたっぷり入った、フルーツケーキを焼いてまいりました。

前回の紅茶のケーキとプロセスはほぼ同じ。

ただ、粉の配合がちょいと違います。

ドライフルーツが沈まないように、強力粉がちょっと入ってます。

あと、アーモンドパウダーも。

Dsc02909mini
入っているドライフルーツは、こんな感じ↑

バターは発酵バターを使用したのですが、これが噂通りものすごく良い香り。

混ぜている最中から、濃厚なバターの香り包まれて、かなりシアワセ。

さすが、お高いだけあります、発酵バター(笑)

Dsc02919_1mini
Topに飾るフルーツは、ジャムで作った「糊」で固定します。

アプリコットジャムにお水を加えて火にかけ、焦げないようにひたすら混ぜながら適度なとろみがつくまで煮詰めたものを使います。

Dsc02929mini

先生作がこちら↑。

コツは、色のバランスと高さを付けてボリューム感を出すこと。

ということで、私の作はこちら↓

Dsc09364mini

高さと色のバランスって、お花でやってますから(笑)

いつも自分で焼いているものより、かなりフンワリした仕上がり。

バターの香りも濃厚で、とっても美味しい!

1日、2日と置くとしっとりしてくるけれど、フンワリ感は健在。

本当に美味しいレシピです♪

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ