« Yosemite National Park 2 | トップページ | 谷中で和栗  »

魔法の美術館

Light

先週末で終わってしまったのだけれど、上野の森美術館で開催されていた「魔法の美術館」に行って来ました。

入って最初の作品がこれ↑。

手を近づけると、LEDがユラユラ光ってジリジリと音が鳴る、不思議なアート。

魔法の美術館というのは、「光」を使ったアートをテーマにした作品展で、体験型が多く、且つ写真OKという展示とのこと。

この作品を含め、科学(デジタル技術)をアートに活用しちゃいました、的なものが多かったような・・・

そんな中、私が気に入ったのは、「デジタル」を使わないアナログ作品。

印象深かった3つです。

Photo_2

羽を使った作品。判りやすくいえば 「やじろべえ」

究極のバランス感覚で、ごくごくわずかな空気の動きで左右にゆったり回ります。

1

これがまた、恐ろしく幻想的で、ちょっと怖い。

同じ作家さんで他にも究極のバランスを取った作品が有ったのだけれど、暗くて動くので、写真は断念。

次は、私が一番気に入った作品。

逆さまに吊るした白いテントの下に入ると、色とりどりのビー玉が透けて見えて、振動を与えるとビー玉が動くというもの。

Photo_3

1_2

2

2度と同じ模様にはならない、鏡の無い万華鏡・・・??

単純だけど、飽きない。首がものすごく疲れるけど。。。

それから、原理は簡単なのに、思わず凄い、と唸ってしまったのがこちら。

Town_2

これだと、なんだか良く判らないのですが。写っているのは、街並の「影」です。

Town

作ってあるのはミニチュアの街。その街の中を、ライトをつけた車がぐるっと一周すると・・・

Town_1

壁に影が映り、ゆっくりゆっくり変化(移動)する影を見ていると、まるで自分が車に乗っているかのような気分になる、そんな作品。

以上、私が唸ってしまった3作品でした。

この他、自分の影から動物や花が出てきたり、自分の影や映像が勝手に踊ったり、自分の影に自分が写っていたり・・・と動画じゃないと面白くない、デジタルな作品がたくさん。

面白かったけど、正直私には、プロジェクターを使ってこんな事ができちゃうんだぞ、のデモンストレーションに思えてしまうものもあり。。。。

なんて言いながらも、子供に混じって散々遊んできたのでした^^;

« Yosemite National Park 2 | トップページ | 谷中で和栗  »

日々」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Yosemite National Park 2 | トップページ | 谷中で和栗  »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ