« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月

高松の美味しいもの

Moriya_udon

連休中は久々の高松へ。

一旦涼しくなった東京に比べ、あちらはそりゃー暑くて暑くて蒸し暑くて・・・

到着早々車を飛ばして行ったのが、『もり家』というお店。 人気店なので行列必至なのだけれど、お昼時を過ぎてるから大丈夫かなぁ?と思ったのが甘かった。

炎天下、軽く30分待ち、いやもっとだったかな??

いただいたのは、定番の「かけの小・そのまま」(写真上↑)

いつもなら、「そのまま」は言わないんだけど、あまりに暑かったので。

  • 讃岐うどん 豆(?)知識
     

    かけ=ゆでたうどんを水で〆てから、再び温めて、熱々のおだしをかけたもので、そのままとは、おうどんを水で〆てから、温めないでOK の意味

    ぶっかけ=ゆでたうどんを水で〆てから、ぶっかけようの出汁(つけだしに近い濃いもの)をかけたもの

            

かき揚げは、単品でオーダー。

Moriya_kakiage

揚げたてで、野菜色々で美味しい。

ここのおうどんは、太いので食べ応えがあります。おだしもパンチがあるなぁ~。

約1週間の滞在中、有名無名市内6箇所のおうどんを食べてきたのだけれど、『うどんバカ一代』のおうどんがびっくりするほどツルツルで美味しかったです(^m^)

Shinsei_tako_2

必ず行くおうどんやさん、「しんせい」のいいだこの天ぷら。甘辛く煮たタコをカリッと天ぷらにしています。しかも柔らかい!! 私の大好きな一品。

そしてもう一品(写真無し)。こちらもよく行くうどんやさん「根っこ」で、初めて見た(気付いた?)金時豆の天ぷらにトライ。金時豆って煮豆ですよ、もちろん。程よい甘さの金時豆を掻き揚げにしてるんだけど、おやつみたいで美味しかった(^m^)

Nakamura_uchikomi

焼肉屋さんの「なかむら」で頂いた、打ち込みうどん↑。

打ち込みうどん、というのはおだしで生のおうどんと根菜(大根、ニンジン、ごぼう、お芋)を一緒にコトコト煮て作るお味噌仕立てのおうどんのこと。打ち粉でとろみが付くこともあり、讃岐うどんのつるっと感よりも、モチッとした食感。 

作り置きできないので、30分から40分位かかるのだけれどこれが絶品なのです♪どうして焼肉屋さんでこれがあるのか不明だけど、逆に普通のおうどん屋さんには無い一品。お肉もとっても美味しいのだけれど、私の中では「なかむら」=「打ち込みうどん」なのです(^m^) 

 

最後に締めの(?)デザートを。

Sans_facon

SAN FACON(サンファソン)の "バアムブリュレ" でございます。

バームクーヘンとパリパリ(というより、ガリガリに近い厚み)のカラメルのほろ苦さが新鮮で、これまた美味しゅうございました。

以上、高松の美味しいものめぐり、でした。

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

滞在中、あまりの気温差&気温の変化に体調を崩した我が夫婦。

私は風邪でダウンし、夫は軽い熱中症でダウン。数日後は湿疹も発症するというズタボロな1週間でした。

にも関わらず、これだけよく食べた! と思います、ハイ。

SprüngliのLUXENBURGELI

Luxmburgeri_2

今日お仕事に行ったら、先に来ていた先輩に、

「差し入れが冷蔵庫に入ってるんだけど、『どうしても食べたい!!!って言ってたから』っておっしゃって、もって来て下さったの。そうなると開封の儀式(?)はやってもらわなくちゃと思ってまだ開けてないの。日本語表示は無いから日本で買ったものじゃないみたいなんだけど、そのお菓子、知ってる?」

というお言葉が。

持って来てくださった方の名前を聞いてもしや、とは思ったけれど本当に入ってました、冷蔵庫にこれが・・・・

Luxmburgeri_box_2

ジャーン♪ 

箱には、Luxemburgerli(リュクセンブルゲリ)って書いてあるじゃーありませんかw(゚o゚)w

キャッホ~\(^_^)/

いつ頃だったか・・・私がたまたま頂きものだった「Lindt(リンツ)」のチョコを職場の差し入れに持っていったんです。それを見たTさん(このLuxemburgerliを持って来てくれた方)が、教えてくれたんです、Lindtは、正しくは、Linds&Sprungli という社名で、スイス本国ではSprungliの方の名前で製品を販売していて、そこのマカロン=Luxemburgerliが絶品なんです、と。 日本で見かけるマカロンよりは小さいんだけれど、とにかく美味しいんですよ~、と。

・・・知らなかった・・・

スイスには空港や主要駅でも売られているほどポピュラーで、ついでに言えばネットでもオーダーできるけれど、国外には一切出ていない代物なんだとか。

スイスにいく機会があれば是非食べてみてください、とTさん。

・・・一体、いつ行く機会があるんだろうか?! スイスだよ、スイス・・・・ 

なーんてやり取りがあったんですよね。

そもそも何故、スイス限定品の絶品菓子をご存知なのかと言うと、お知り合いが住んでいらっしゃって、お土産にいただいたことがあるからなのだとか。そしてこの夏、その方が里帰りなさると連絡を受けた際お土産にリクエストしたけれど返事が来ないんですよねー・・・・ とのこと。

普段からちょくちょく職場にお菓子の差し入れをしてくださるのですが(それもいつも凄い。)、あの時の私のあまりの食いつきっぷりがよほど印象に残っていたのだと思います。お土産のおすそ分けをしてくださったかと・・・。(ご本人にお会いできていないので、ここに差し入れて下さるまでの詳細は不明)

Luxmburgeri_3_2

箱を開けるとこんな感じ。

プラスチックのカバーを外して、ぐぐっと近寄ると…

Luxmburgeri_1_3

きゃ~美しすぎる~

ツヤツヤ、ピカピカ。光ってます。

手前のピンクのツヤツヤは、なんとバラ風味♪ 驚きの美味しさ。

その他も本当に美味しい。 ん~~って倒れる感じ。

とかく甘さを強く感じるマカロンだけれど、このLuxemburgerliは、甘さよりも香りや風味にずっとずっとインパクトがある感じ。違いますよ、やはり。

いや~ シアワセ(^m^)

ご馳走様でした。

※本日の写真は全て携帯です

猛暑の秋 到来か?!

Asparagus

9月になったというのに、暑いですねぇ。

朝晩は、湿度が下がって来ているからなのか秋の気配を感じるけれど、気温は全く下がりませんからねぇ。最低気温が28度とかってどういうこと?

ここ数日、通勤の時に見かける温度計は、先日ついに38度を表示していました。時間にして朝9時半前後。

願わくば、壊れていると思いたい数値にびっくり。

エアコンの効いている車内に居ながらも、変な汗が出ちゃいました。

そんなに暑いからというよりは、暦の上では秋だから、夏の虫の代表格である『蝉』はご臨終の時期。そんな、臨終間際の蝉さんが、どういう訳だか我が家を訪問。

朝出入りした時に、玄関からすいっと入ってどこかに潜んでいた模様。

朝でかけようとしたらガサガサ音がするので2階に行ってみたら、リビングで仰向けになってもがいておりました。

ギョエ━━((゜Д゜Uu))━━!!!!!!

パニックになるのを抑え、暑さで溶けた脳みそフル回転して閃いたのが、洗濯籠。こいつをひっくり返して彼(彼女?)の移動を封じれば、とりあえず安心できる・・・。

(瀕死の状態だったけどね。帰ってきて姿が無かったら、怖いじゃん まだ、動いてたし)

その状態で放置して、とりあえず出勤。

同じく虫嫌いの先輩に話したら、洗濯籠は賢かった!! と褒められました。ホホホ

帰宅したら、かごの中でピクリとも動かず・・・これはもうご臨終でしょう。合掌、チーン。。。 

ご主人様の帰宅を待ってご遺体は外に出していただきました。感謝。

虫の音の主役は鈴虫に代わり、夏の代名詞の蝉さんが一生を終えるのを間近で体験すると、こんな天気でも秋は来てるのね、と思ったのでした。

猛暑の秋、到来ってことでしょうかね。

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

写真はご覧のとおり、アスパラガス。

テレビでアスパラの産地に取材しているのを見たときに得た知恵。収穫してきてヘニョヘニョのアスパラは、水につかるとシャッキーンと生き返ります。これを見て以来、買ってきたアスパラも、根元をチョビットだけカットしてからこうして保存することに。 ヘニョッとしていたアスパラも、シャキーンと生き返ります。

私はすぐ使わないときや、使い切れなかった分はこのまま冷蔵庫へ入れちゃいます。厚いですからね、今は。そうすると、次使うときもアスパラはとてっても元気なのです。 ご存知でした? 

« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ