« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

Brothersのケーキ

Brothers_2

阪神西宮駅そばにある、BROTHERSというケーキ屋さんのシュークリームです。

運動不足解消のお散歩のついでに買ってきました(←意味無し?)

つくづく、いけない環境です・・・。

タップリカスタードは甘さ控えめのサッパリで、生地はもっちり系。カリっとでもなく、ヘニョっとでもなく、モチッという感じ。一見するとハード系なんですけどね。意外でしたが食べやすい♪

さっぱりなんだけれど、食べた後に上品な甘さが口の中に広がります。これって和三盆の甘さ?とにかく、美味しい。

Brothers_4

ケースの中でひときわ目をひいた真っ赤なケーキ。その名もルージュ。

ラズベリーソースの中には、ピスタチオのムースとラズベリーのムースが2層になっていて、中心にはホワイトチョコに包まれたラズベリーの果肉が入っています。これが甘酸っぱくていいアクセントになっていまして、とても美味。

私のだーいすきな、モンサンクレールのセラヴィというホワイトチョコのムースを思い出しちゃいました。が、ベツモノです。( 組み合わせは同じだけどね)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

今日は久々に太陽が顔を出しています。

カーテンを開けたら青空が見えたのでゲンナリしたのだけれど、なんと高気圧が日本海側にあるので、北よりの風、しかもやや乾燥した冷たい風が吹いているので湿度が↓。

珍しく、北&東の窓から良い風が入ってきています。(全方向に窓がある、一戸建ての威力発揮だ!!)

夕べ土砂降りの雨が降ったおかげで空気が澄んでいるから空も綺麗。湿度が下がったから、もやもやも無いし。

久々に、空を眺めて深呼吸。 白い雲がタップリ浮かんでるけどね。(←ここが大きな差)

2階からチョビッとだけ見える山の緑がきれいです。

<追記> いくら北よりの風が吹いているといっても今は7月末。午後になったら強烈な日差しで家の中の空気は一気に上昇し、エアコン無しは無理でした・・・トホホ。

マンゴプリン

Photo_2

毎日毎日、暑いです。

特にこのマンゴプリンを作った日は倒れそうなくらいに暑かった・・・・ι(´Д`υ)アセアセ

あまりに暑いのでどうしても冷たいものを、と思って作ったのがマンゴプリン。
といっても、無印良品のMIXを使ったんですけどね^^;

熱湯でMIXを溶かして十分に混ぜてから牛乳を加えて混ぜて冷やすだけ。超簡単です。

上に乗っている果実はマンゴの缶詰で、生クリームを8分立てにしてトッピングしました。

なーんてこんなこと、言わなきゃワカラナイ??

Photo_3

お友達のおうちへのお土産分はこんな感じに。

Cupは富澤商店で買ったもの。 こうなってくると、とてもMUJIのMIXに缶詰には見えない!! (と自画自賛)

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

早いものでもう7月末。だというのに梅雨明けは当分先みたい。

関西地方で過去一番遅い梅雨明けは8月1日。梅雨明けの条件は、梅雨前線が北上してしまって下がる見込みが薄く、且つ向こう一週間晴れの予報が見込めること、なんだそうです。今のところ8月1日までの予報は雨&曇り。梅雨明けは2日以降になるのかな。。だと、記録更新です。(どんな記録だ)

夜大雨が降ると気温がほんの少し下がって、その後もずーっと曇っているとさすがに気温の上昇が鈍って、昼間も比較的すごしやすくなります。 そんな日は、このままずっと晴れなくていい。秋になるまでずーっと曇ってて良いや、なんて思ってしまう。梅雨明けしない夏も良いんじゃないかと。。。

今日はそんな曇り空なのでした。

GLAMOURDISE

Photo

三宮在住のお友達に、GLAMOURDIZE(グラモウディーズ)のマカロンをいただきました。

これがまたほんとに美味しいマカロンで・・・(^m^)

とっても濃厚です。

バナナはちょっとやりすぎかも・・・?と思ったけれど、フルーツ系が香り豊かで美味しかったです。特にカシスが気に入りました♪

ゆずも薫り高くて和菓子みたいな感じで美味。

これぞプロの味。とぉ~っても美味しかったです♪ 

Yちゃん、ご馳走様でした<(_ _)> 

美味しいもの、教えてくれてありがとう(*^^*)

 

神戸はSweetsの街と言われているけれど、本当に質の高いお店がたくさんあります。これだけたくさんあるのに、共存共栄しているところがスゴイ。

弟子を育てる文化、育った弟子が独立する時には暗黙のルール(近所に出店しない、同じレシピは作らない等々)みたいなものがあると先日テレビでやっていましたが、ここに住む人たちにとって、洋菓子がとっても身近な存在で、育てる土壌がここにはあるんだろうなーって思います。 これだけ質の高い洋菓子店があるんだもの。当然舌は肥えてるからレベルも高くなりますよね。

先日いただいた、西宮の王様エッグのプリンも最高に美味しかったし・・・(自分で作ろうという気が一気に失せた)。

この環境で太るな、というのは本当に難しい・・・(>o<)

ご当地バーガー

Photo_3

先日のご当地ものつながりで、今度はご当地バーガーの“芦屋バーガー”を食べに行ってきました。

芦屋の南。たぶん埋立地なんでしょう、新しくマンションや一戸建てが立ち並ぶ、以前住んでいた4S Ranchをキュキュッと小さくしたようなエリアにお店、Buono(ボーノ)はありました。

カリフォルニア風カフェで何でイタリア語のBuonoなのか???という夫。これには理由があり、オーナーがイタリア系アメリカ人だから、という理由なんだそうです。わかるような、わからないような・・・・。

3連休最終日。時間にして午後1時。駐車場はちょうど空いたのでラッキーだったけれど、お店は30分以上待ち、とのこと。 やっぱりね。。。。

結局、名前を書いて呼ばれるまで待つこと1時間弱(よく待ったよ)。

でてきたハンバーガーはこのボリューム↑。(ポテトの量は日本だけど)

ちゃんと手で持って食べられるように、防水加工された紙袋を用意してくれるので、その中に入れてかぶりつき~、が一番食べやすいかな。ナイフ&フォークもでてくるので、アメリカ人がやるように縦に切って・・・はちょっと無理、というか美しくない(>o<)

 

がぶっと一口。

んーーーー おいし~~~~~~~(*^^*)

まずは何よりバンズが美味しい。これ、ほんとに美味しいです。こだわっている、というだけある美味しいさ。そしてシャキシャキレタスはタップリ。INNOUTでも"アニマルスタイルで"とリクエストするとタマネギを炒めたものにしてくれるけれど、芦屋バーガーのたまねぎも炒めたものがタップリ入っています。メインのパテもボリュームタップリ。モッツアレラチーズってのも、私には嬉しい(^m^)

オーダーを取ってから焼き始めるので、トマト抜きでというリクエストにもちゃんと答えてくれました。(←夫用です)

この次は、"オニオンリング"と"アボガトバーガー"(どちらも売り切れた)を是非食べてみたいなー・・・と思ったのでした。サイトのメニューには載っていないけど、色々バーガーの種類があるんです♪

帰国後初&人生初の"ご当地"バーガー、大変おいしゅうございました。

ご馳走様でした~

ご当地の美味しいもの

Photo

国宝の巨大キンキラ阿弥陀如来像を見た後、そのまま南下して明石に行ってご当地名物“明石焼き=たまごやき”を食べてきました。

明石の人が一番美味しいというほどのお店なんだよ、と関西生まれの関西育ち、超グルメの友に教えてもらいました。

おみせの名前は“ふなまち”。

2

こんなにこじんまりとしていますが(店内は10人くらいで満席)、駐車場は4台分有り(でも満車)。駅から離れているから仕方が無いのかも。

当然のことながらお店の前は行列が。かなり中途半端な時間だったんですけどね。

並んで待っている間にも続々と人がやってきて、持ち帰りをリクエストしたり、列の後ろに並んだり・・・・。

待つこと20分(暑かった・・・・)。ひっきりなしに焼いているので、タイミングがよかったからすぐでてきました。ちなみに週末のメニューは、玉子焼きだけ、なんだそうです。

じゃーん♪

Photo_2

おだしは冷やしてあって、薬味は無し。 熱々フワフワの玉子焼きをつめたいおだしにつけると、外は冷たく、中は熱々のフワフワ。口の中におだしの味がふわ~~~っと広がって、なんとも言えない美味しさ(^m^) 蛸はもちろん柔らかい。

玉子焼き自身もお出汁の風味がしっかりしているのでそのまま食べてもとっても美味しい。

お隣のおにーさんが、お好み焼き用のソースをつけてたこ焼きみたいにして食べていたのを真似してみると、これも意外と美味しい。しっかりお出汁の風味が活きてる玉子焼きだから、ソースに負けてない。 全部これにすると飽きるだろうけど。。。

それに、20個1人前で500円というのもスゴイ。

地元の味、ご馳走様でした~<(_ _)>

兵庫県の国宝 2

Photo

室津港でランチの後、姫路城に続いて県内にある“国宝”を見に行ってきました。

兵庫県小野市にある“浄土寺”に、その国宝があります。上の写真は本堂(これは国の重要文化財)です。

お目当ての国宝はこちらなんですが、なんと撮影禁止(涙)

なので、拝観の際にいただいたパンフレットの写真を撮影・・・

Photo_2

天井スレスレの巨大なキンキラ阿弥陀如来さま、です。

どーんと中央に立つお姿は、かなりの迫力(高さ8m)。

Photo_3

阿弥陀如来が安置されているのが、この阿弥陀堂という建物。こちらも国宝。

中国風の天竺様と呼ばれる建物の造りで、日本全国この様式の建物は東大寺南大門とこのお堂と2つだけ。しかもこちらは、建築当時から約770年間一度も解体・改築されることなく持ちこたえてきた、という貴重な建物。(昭和32年に初めて解体修理を実施)

そして、国宝よりも面白いなと思ったのが鐘楼堂。

Photo_4

鐘は完全に壁に覆われているし、わらぶき屋根。しかも、鬼瓦まで!!

でも、壁で覆われているからなのか、ここの鐘はとーってもいい音が響きます。

思わず、ごぉぉぉぉぉぉ~ん、と鳴らしてしまいました(^m^)

Photo_5

派手さは全く無いお寺だったけれど、観光地観光地されていない、ほのぼのとした雰囲気のお寺です。(暑かったけど)

帰るとき、駐車場に観光バスが来てたのは、やっぱり国宝だから?!

姫路城に続き、国宝めぐりの旅(?)でした。

雲のおかげで

Photo
これ太陽です

今日の兵庫県の天気。

予報では曇り→午後から晴れ。

神戸の日食は10時前に始まって12時過ぎには終了の予定。ダメだこりゃ(>o<) と半ばあきらめ、TBSが放送している皆既日食を生中継します、という番組を見てました。

10時過ぎから沖縄で徐々に太陽がかけていく様子が流れ、どんどん周囲が暗くなり、いつしか真っ暗になる映像にあわせるように我が家も薄暗くなっていることに気付いた私。

時刻にして10時半。

もしかして・・・??

と思って2階のベランダから空を見上げてみると・・・

太陽、欠けてるじゃんっ!!!

きゃー♪ これ写真に撮れるかも!! とカメラとサングラスを持って再び2階へ。

コンパクトカメラでも簡単に取れたけど、ここはやっぱりαでしょう、とα350に持ち替え、ついでに家にあった一番望遠のレンズに交換してマニュアルでだいたいのフォーカスをあわせ、レンズを太陽の方向に向けて液晶画面は自分が見やすい角度に傾け、その状態で観察&撮影開始。

おかげで首は疲れないし目を痛める心配もなし(^m^) 

LIVE VIEW機能、付いててよかった!! 屋内撮影がメインの私には滅多にに使わない機能だけれど、ここ一番でその威力を発揮してくれました。

2
上の写真と向きが違うのはカメラの向きが違うから。
(だと思う)

雲の流れは速いけれど、途切れて太陽が顔を見せることも無し。時折雲が薄くなると光が拡散してボヤボヤの白になってしまうのだけれど、ある程度厚い雲に覆われるとこの通り、バッチリクッキリ写りました。 

気がつけば気温も下がっていて、ベランダの窓を開けて座り込んでいても快適♪

日食ってすごいw(゚o゚)w

・・・太陽2割なら、この時期こんなに涼しいんだ・・・と思ったのは言うまでもありません。

皆既日食が観測できたエリアでは"真っ暗"になったのでちょっと期待していたのですが、最も隠れたとされる11時4分前後、80%強の太陽が隠れたはずの西宮ですが、曇り空の延長上で真っ暗にはなりませんでした。

恐るべし、太陽光。

もしも雲が無い状態だったら薄暗くなったと感じることができたのかもしれないけれど、撮影できなかったどころか、観測用のメガネを買っていない私には見ることもできなかったので、曇り万歳、って気分でした。

ちなみに、その後の天気は予報どおり午後にはお日様が姿を現しました。もう100%、まん丸だったと思います。 あづい・・あつい、あついーーーーっ(汗)

以上、世紀の天体ショー "日食"体験記でした。

次回は"国宝"をお届け。

1300年の歴史

Photo

港として1300年の歴史を持つ、という兵庫県たつの市の漁港"室津港"に行って来ました。そんな歴史のある港だなんてことは全く知らず、毎週末に開かれる魚魚市(とといち)、というのを知ってドライブがてら行ってみただけなのですが・・・

行ってビックリ。

街並みが、妙にノスタルジック。

Photo_3

道路はアスファルトではなく石畳風なので太陽の照り返しが少なくて歩きやすく、タイムスリップしたみたい。日ごろうるさいだけの蝉の声もなんとなくさわやかに聞こえてくるし、この白と黒とかわら屋根の統一感がなんとも素敵♪

もうビックリ仰天です。

この診療所まで来た時は、感動ものでした。この街一体どうなってるの?!って。

Photo_4
失敗写真で恐縮ですが、雰囲気だけでも・・・(>o<)

あまりに印象深い場所だったので、帰宅してからこの港についてちょっとだけ調べてみました。

すると、今でこそ瀬戸内海の一漁港に過ぎないのですが、歴史はとっても古く(開港は奈良時代?)、漁港としてだけではなく、瀬戸内の主要な港として栄えた土地だったのだそうです。

平清盛が寄航したとか、江戸時代には参勤交代の上陸・乗船地点として繁栄したとか。移動手段が航路から陸路に取って代わられる明治までは、瀬戸内海のとても重要な港とという位置づけだったのだそうです。

薩摩藩や肥後藩等々の参勤交代の際の宿=本陣が6つもあってとても混雑したそうですが、今はその跡地を示す石碑だけ。

そーんなにぎやかな宿場町でもある港だったとは、今の姿からはとても想像がつきません。静かな静かな、本当に静かな漁港でした。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

せっかく行ったので、割烹料理の店"まるよし"さんでアナゴ丼と白身のお魚のお刺身を頂いてきました。とぉぉぉぉぉぉっても、おいしかったです♪ ご馳走様でした。

キッチンに置くもの

Photo_2

キッチンに置くもの。

色々あると思いますが、これ↑を置くことにしました。

容器は無印良品のポンプで、中身は"Eucerin"のクリーム。

ハンドクリーム、ってわけではないのだけれど、全身に使える保湿用クリーム(乳液?)です。帰国以来、手荒れが治りきらず、ハンドクリームをマメに塗るようにはしているのだけれど、乾燥肌にはこれが一番、とサンディエゴで勧められて以来愛用しているこのクリームに切り替えてみたところ、効果がUP♪

本体は洗面所においてあるのですが、思いついたときにすぐ塗れるようにするには小分けしてキッチンにおくのが一番、と思って無印で容器を買ってきたわけです。

元々の本体はこの通り、日本の家には不釣合いなほど巨大。

Eucerin_2_6
大きさがわかるように携帯を並べてみました。
ついでに、サイズが同じだったワイドハイターも^^;

湿度が高いからとついつい油断してしまうのだけれど、昨日の毛穴対策同様、蒸し暑い夏でも保湿はとっても重要ってことなんですね。

乾燥しているから保湿、日差しが強いから日焼け止め、と単純だったサンディエゴでの日々が懐かしい・・・・(>o<)

対策 2

Photo
"対策"用のフルーツ酸(AHA)配合の洗顔フォーム。
(背後はnaちゃんお勧めの魔法のミルククレンジング)

この時期、高温多湿な日本では欠かせないのが"毛穴ケア"なんだそうです。

銘打って、"ドロドロ毛穴対策"なんだとか。(←クリックすると、詳細&対策法がわかります)

聞いただけで(読んだだけで)、背筋が寒くなるような響き(-_-;)

鏡を見ると、小鼻やその周辺、毛穴が目立ってきたような気がします。

この暑さじゃ毛穴も開くし、たるむっつーの(←開き直ってどうする?!)

ドロドロ毛穴というのは、ようするに皮脂や汚れや角質が毛穴に詰まった状態のこと。いわゆるTゾーンにできるイチゴの種のような粒々状態のこと。 イチゴの種のような状態というのもかなり嫌な表現だと思っていたけれど、ドロドロ毛穴の方が更なる嫌悪感を抱かせます。

こんな表現を考えているのがマスコミなのか、皮膚科なのか、メーカーなのか・・・次々生み出されるこれらの恐ろしげなコトバに秘められた(込められた?)イメージに対する嫌悪感から、"何とかせねば!!"と思い、"対策"という文字に飛びついてしまうんですよねぇ。上手いなぁ。

水耕栽培

Photo

各種新聞でも紹介された"キッチン菜園"に触発されて、思わずにんじんのへたを水の中へ。毎日お水を入れ替えて、1週間後にこの状態になりました。

凄すぎ~(>o<)

他にも、定番のネギ(これは、サンディエゴ時代は庭で育てておりました)、キャベツの芯、ミント、も水耕栽培中です。

ミントはものすごく強いので地面に植えると果てしなく増えるというけれど、ブチっと切った一本を水につけておいても、なんと新芽や根がでてくるんだそうです。

で、早速試しているという訳です。

キャベツの芯も、水につけておくと背が伸びて緑の葉が大きくなるんだとか。。。。捨てる運命のものだし、試してみよう、とこちらもお水につけてあります。

さて、どうなりますか…(*^^*)

4_2
芽が出たのは3日目

ベランダもあるしプランターで野菜を育てるくらいのスペースは十分あるのだけれど(地植えはオーナーからNGと言われている)、外はものすごく暑い。夏は暑いんだ、軟弱モノ、と叱責されようとも暑いものは暑い。スプリンクラーがあるわけじゃないので、水やりを忘れたら即アウト、だし、何より目に入らないので愛着が沸かないのよね。。。(だからSDでは、ネギはキッチンの窓から見えるところに植えてあった)

それに、何よりこの湿度がたまらなく不快で、外で何かチマチマやろうって気に全くなりません。だから、土を使わずお水でOKというこのキッチン菜園はとっても気軽で手軽。

ということで、キッチンの窓辺に使わない食器を活用して並べて楽しんでいます。

実家では屋上でトマトやきゅうりにナス、バジルにサニーレタス、枝豆にイチゴ、とせっせと育てて収穫しているそうなのですが・・・

とても真似できません(>o<) 

西宮のケーキにパンに

Arrow_tree

西宮にある果物屋さんがやっているケーキ屋さん Arrow Tree

お散歩中にお店を発見!! 思わず買ってしまいました。

スポンジ、イチゴ(縦置き丸ごと2段積み)、生クリーム、スポンジ、イチゴ、という構造で、とても背が高い。見た目以上のボリュームで、お腹いっぱい。半分は翌日いただく、という事態になってしまいました。 別腹にも限界あり、でございました・・・。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

美容院で教えてもらった美味しいパン屋さんにも行ってきました。場所は苦楽園にある、

La Baguette de Paris YOSHIKAWA と Boulange Yamauchi の2店。

車で行って、ハシゴです(笑)

どちらのパンも、うなるほど美味しい。

正直言って、HBで焼く気が失せるほどの美味しさに、ただただ感動。

徒歩圏じゃないことが残念なんだけれど、車ですぐだし、この次はバッチリ写真付きでご紹介できればと思いまーす。

対策色々

Photo_2

靴箱の除湿&消臭対策グッズを買いました。

天日に干せば繰り返し使える、というシートとシューズキーパーです。

効果抜群。靴箱を開けたときの独特の匂いが随分変わりました。買ってよかった。

ついでに"防水スプレー"も買いました。三宮の東急ハンズで実演販売をしていて、あまりの撥水力についついつられてしまったのです。靴にはもちろん、ズボンのすそ、カバン、そして折りたたみの傘にもスプレーしておくと良い、とのこと。 

確かに、折りたたみ傘の水はけが良いと、すぐ畳めるし便利です。帰宅して早速スプレーしたけれど、まだ雨らしい雨が降らないから、効果が試せないよぉ・・・・(>_<)

  

対策つながりでもうひとつ。

今朝の新聞に、大阪は暑いというより暑苦しいという意見があった、という記事をみつけました。そして、"大阪の町には、女性たちの腕を紫外線から守るアームカバーがやたらと多い気がしませんか?" という結びの一言。

うんうん、見かける見かける、めっちゃ見かける!! ここは大阪の町じゃないけれど、近郊だからなのか、やたらと目に付く黒い腕。(白もいるけど) 歩いている人の着用率が高く、なんと電車の中でもしている人がいらっしゃいます。

自転車や車を運転している人なら、判るんですけどねぇ・・・私自身、ゴルフの時もしてたし。

でも、さすがに歩いている人までが、日傘に顔までスッポリのサンバイザーにアームカバーに手袋までしてたりするので、日本の(関西の)紫外線はそこまで毒なのか?!と怖くなってしまいます^^;サンディエゴの紫外線のほうが、よっぽど強いって聞いていたんですけどね・・・^^;

発見

Photo

庭の木に生った謎の実です。

入居した時点では庭にちょうどハナミズキが咲いていて、その足元のこの木のことなんて気にも留めていなかったので、この実が生っているのに気がついたときはそりゃービックリw(゚o゚)w

なんじゃこりゃ?!状態。

梅か?それとも杏(あんず)かな???

小さな小さな、ほんとに小さな花壇に。。。驚きです(^m^)

 

おっと時間だ。

これから美容院に行ってきまーす。

 

焼き鳥&お好み焼き

Photo

帰国前に友達に教えてもらったやきとりやさんの"まさや"、に行ってみました。(携帯の画なのでピンボケですが^^;)

焼き鳥だけでお腹いっぱいって、ありなの?!と思いつつも、バクバク食べてしまいました。

あきらかに、食べすぎ。。。

私の勝手な印象ですが、関西って焼肉屋さんも多いけど焼き鳥屋さんも多いような気がします。関西は、"肉食"なのかな。

スーパーのお肉コーナーも、牛肉コーナーとか充実してるし…。肉と言えば牛肉って言うしね。(だから、豚まんであって肉まんでは無い、んだそうです)

 

続いていったのが(別の日ですよ)、お好み焼きやさんの"赤とんぼ"。

こちらもSD時代の夫の同僚くんに教えてもらったお店。

Photo_2

左がオムそば、右がお好み焼きのMIX(シーフード)。

おじさんが黙々と一人で焼いてくれます。うーん、美味しい(^m^)

やはり関西と言えば、お好み焼きです。

先週のたこ焼きも美味しかったけど。 

☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;;:*☆*:;;;;;:*☆*:;;;;;:*

週末は、兵庫県の知事選挙投票日、でした。

が、私たちには投票権が無い、というのが正しい表現かどうかわからないけれど、投票はできませんでした。例のハガキ、が届かなかったんですね~。選挙に行きましょう、ハガキ。

まぁ住民歴が短すぎるからだろうな、と思ったけれど調べてみると、"選挙人名簿" というものに、名前が登録されていないからなんだそうです。

この選挙人名簿というのは、3ヶ月以上その地に住民票がある人が登録されて、定期的+選挙の公示日前に更新されるんだそうです。つまり、帰国して2ヶ月の私たちがこの名簿に登録されることは無い、って訳です。

選挙も、住民票がないとダメなんですね。

またひとつ、勉強になりましたφ(^m^*) メモメモ 

ブールドネージュ

Photo_2

私のお気に入りのお菓子のひとつ、無印良品のブールドネージュ、です。
無印に行くと必ずと言っていいほど、買ってしまうほど。

小さいパッケージなので、一度封を開ければペロリと平らげてしまう、かなり危険なお菓子(^m^)

甘いんですけどねぇ^^; お値段も200円でおつりが来るってことで手ごろだし、一口でパクリ、といけるところも魅力。

完璧に無印の戦略にはまっております。

スペインでクリスマスの時期に食べられていたお菓子をアレンジしたものなんだそうで、中身はこんな感じです↓

2

まん丸のサクサククッキー生地には砕いたアーモンド。そして周りは粉砂糖がた~っぷりまぶしてあります。ついつい止まらなくなっちゃうんですよねぇ。。。

この、危険極まりない(?)お菓子をつい、作っちゃいました(>_<)

3_3

と~っても簡単です。昨日のマドレーヌのような失敗は、無し!!

レシピはこちらを参考にしました(半量で作りました)。 以前学んだグレープルフルーツの切り方も、こちらのサイトのお世話になったんですよね。

野口さん、ありがとうございまーす。

無印のものみたいに、球体に焼き上げるのは無理ですけれど、コロンとまあるく、一口でパクリってサイズに出来上がります(←やっぱり危険)。

本当に、混ぜて丸めるて焼くだけ。コツもテクニックも不要です。

胡桃を刻むのには、FP(フードプロセッサ)を使えばあっという間。クルミは刻んでからフライパンで乾煎りしました。(レンジでチンのがもっと簡単?)

仕上げは、完全に冷めてから粉砂糖をまぶしてもこの通り。このくらいの方が、甘すぎなくてよい感じじゃないかと・・・・。

本当に簡単なので、是非お試しください。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

え?昨日の続き???

マドレーヌのリベンジもしましたよ、もちろん。

夕べのうちに生地を作って一晩寝かせて・・・・。

でもダメ。焼きの温度と時間が絶対違う。

珍しく(?)本の通りにやったのですが、それで失敗するってどうなのよ?!って感じで2回、パターンを変えて焼いてみた結論。

先日買った型の熱伝導が恐ろしく良いのが要因のひとつ。

この型で焼く以上、本の指導は忘れるべし・・・・(泣)

もう1回だけ、配合は変えずに温度と時間を調節して焼いてみようと思います。完成した暁には、レシピともどもお届けしたいと思います。 ガンバレー、自分。

無残・・・

Photo

失敗(>_<)

型に生地を入れすぎました・・・

焼き色は、きつね色を超えて小麦色というよりチョコレート色に。。。

あー悔しい。

はちみつタップリのマドレーヌ、お味はとても良かったんだけどな(←自画自賛)。

BP少し減らして、明日もう一回焼いてやるっ!!

ちなみに、 共にフランスの焼き菓子であるマドレーヌとフィナンシェの違いは、マドレーヌは全卵を使用しますがフィナンシェは卵白だけを使います。
そして、フィナンシェの意味はお金持ち。色や形が金塊に似ているから、なんだそうです。つまりうシェル型ではフィナンシェは焼かないってことですかね。

ご存知でしたか?(私は知らなかったー)

♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:♪:;;;:

数日前、首から背中にかけて筋をちがえてしまい(いわゆる寝違えた)、とっても痛い。寝返りはもちろん、起き上がったりする時も辛いので、朝は悲惨(T_T)

じぃーっとしていると肩が凝ってきて頭痛がするし、下手に動くと痛いし。

参りました(>_<)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ