« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月

Milk Cocoa Pudding

Milk_cocoa_pudding

なめらかプリンのチョコバージョンです。

優しい文体とおいしそうなパン&お菓子の写真で一杯の、tomo..さんのブログ、Bread Note に、ミルクココアプリンが紹介されていたのをみて、思わず作ってしまいました。

ラズベリーは、先日のピーチメルバで使ったものの残りです。せっかくなので乗せてみました。

作り方は・・・

tomo..さんのブログをご覧になってください。くわ~しく書いてあります。

私は、いつも自分で作っているなめらかプリンにココア大さじ2を加えたレシピで作ってしまったんですが・・・・^^; tomo..さん、勝手なアレンジ済みません。

あ、tomo..さんが、生クリームを使わない、とおっしゃっているので、私も生クリームなし、全部牛乳に変更してカロリーオフ。(おさとうは、大さじ2+0.5に増量したので意味無し?)

なめらかで、濃厚ココアプリンが出来ました。

とーーーっても、おいしかったです^m^

+ + + +

2週間の出張から、ダンナが帰ってまいりました。(昨晩)

残念ながら、心配していた飛行機のトラブル(欠航・遅れ・荷物ロスト)なし!! とはいかず、最後の最後に荷物だけ、置き去りにされてしまった、とのこと。

自宅まで配送してくれることになったのですが、本日AM配送予定が届いたのは午後9時。

参りました(>_<)

++++

サンディエゴは、ここ数日蒸し暑くてたまりません(>_<)

さすがに、こりゃーダメだ、と1時間だけエアコンのお世話になりました。 そんな訳で、連日ひんやりデザートばっかり作って(食べて)います。 

暑くて食欲が~・・・とならないのが不思議。

このまま、食欲の秋を迎えてしまったら、どうなることやら・・・・

運動しなくちゃ!!

++++

本日も最後までありがとうございます。

なめらかMilk Cocoa Pudding いかがでしたでしょうか?

おいしそうにできたね、と思ってくださいましたら
ワンクリック、ポチリをお願いします。 今後の励みといたします。
ファイブスタイル ブログランキング  ありがとうございました。

 

Dome Style

828_flower

今週のフラワーアレンジメントの作品です。

球体を2/3に切った形、をデザインしています。 

回転させながら球体のラインを作っていくのですが、気を抜くとすぐ変形してしまいます。これを修正するのがまた。。。

何をどういじったら良いのか、ゆがんでいるのがココ、とわかっているけれど、はてさてそれで??という感じ。

先生にコツを聞いたところ、目線を作品とそろえて、でこぼこを修正していくんだそうです。

そう言われると、なるほど、と思うのですけれど。。。

サクサクと修正して、綺麗な球形に生まれ変わる作品を見て、ほえ~っとため息。

それができるようになる日は、来るのでしょうか・・・・(>_<)

ともあれ、がんばらねば!!

次回は、ブライダルブーケを作る予定^m^ ちょっと楽しみです。

+ + + + + + + + + +

Saffron

今回アクセントに使ったサフランの花、です。

オレンジ色が映えて、とても綺麗。 この花びらを乾燥させると、パエリアを作るときに使う『サフラン』、になるそうです。

先生から、いずれドライフラワーになった状態のモノをアレンジで使うからドライフラワーとして残して置くように、と言われています。

どんな風になるのか、ちょっと楽しみ♪

丈夫なので、逆さまに吊るしたりしなくても空の花瓶に活けておけば勝手にドライフラワーになるそうです。

ちなみに、ドライフラワーを作るときに逆さまに吊るすのは茎が曲がったり折れたりするのを防ぐ為、なのだそうです。 ちょっと勉強になりました。

++ ++ ++ ++ ++ ++

先日作ったピーチメルバで使った桃のコンポートの作り方を、別記事でご紹介しましたので、是非作ってみてください。

 

本日も最後までありがとうございました。

お手数ですが、ポチリを一ついただけると幸いです。

ファイブスタイル ブログランキング  ありがとうございました

桃&ネクタリンのコンポート

Compote
白桃を使うと、こんな風にほんのりピンク色に染まります。

ピーチメルバで使った桃のコンポートの残り、です。こんな風にそのまま頂いても、溶かしたゼラチンを加えてゼリーを作っても美味しいですよ。

あにあにまみいさんより、作り方のリクエストを頂いたので材料をお知らせします。

作り方は簡単なので、是非作ってみてくださいね。

<桃のコンポート>

*材料*

桃       2~3個 (熟したもの)
白ワイン   50cc
水        200cc
砂糖      50g  (← お好みで調整してください)
レモン果汁    ティースプーン1くらい

*作り方*

1. 桃を綺麗に洗い、4等分にします。

アボカトを切るように半分に切れ目を入れて、ネジって種から外して切ります。皮は残したままにしてください。 (切り方はこちらを参考にしてください。)

2. お鍋に、材料を全て入れて中火にかけます。(桃の身がシロップ液に浸かるようにならべてください)

3. 沸騰したら、弱火にして3分ほどで火を止め、そのまま冷まします。

4. 冷えたら、皮をぺろ~んと剥いてください。 完成です。

+++++

白ワインを200cc 水を100cc お砂糖150g レモン果汁にすると、アルコールの香りが高い大人味のコンポートになります。ゼリーには、こちらのほうが良いかと。

アルコール分が多すぎる時は、シロップだけを煮立ててアルコール分を飛ばしてください。

美味しいですよ^m^

++++

桃のコンポート いかがでしたか??
お手数ですが、一つポチリとお願いします。

ファイブスタイル ブログランキング  ありがとうございました。

Vanilla Chiffon

Vanilla_chiffon

やっぱり違いました、濃い黄身の卵で作ると。

抹茶シフォンを焼こうと思っていたのですが、シンプルなVanilla Chiffonにしたので黄身の色の違いがはっきりでました。

それにしても、なーんでニワトリさんの卵の黄身の色が変わるんでしょうか?

とっても不思議。

アメリカのニワトリさんは、"とうもろこし"だけを与えられているんだそうですけれど、日本は何を食べているんでしょうか??

あ、そういえばとうもろこしも、アメリカはとっても色白です。 これが関係しているのでしょうか??

+ + + + + + +

今週末、アメリカは3連休です。 9月1日の月曜日が、Labor Day、日本で言うところの勤労感謝の日??です。 

明日の夜、アメリカからヨーロッパまでをグルグル巡りしているダンナがようやく帰ってくるので、3連休は文字通り 勤労感謝のお休み、となりそう(>_<) 

+ + + + + + +

このシフォンケーキも、小嶋ルミさんの "おいしい生地" を参考に、卵2個ベースで作ったものです。

前回よりはずいぶん進歩したかな?と思いますが、まだまだルミさんがおっしゃる、『だら~っとすぐにはたれない生地』にならないので、もう少し研究したいと思います。

レシピは、もう少しお待ちください<(_ _)>

 

本日も最後まで読んで下さってありがとうございます。 
皆様のポチリ、で順位は早くも真ん中に!!
本当にありがとうございます。

お手数ですがまたまた一つ、ポチリとただけると幸いです。

ファイブスタイル ブログランキング  ありがとうございました。

Peche Melba

Peche_melba_1
このワイングラスは、Crate and Barrelのもの

Peche Melba  作りました♪

ピーチメルバ、スペルが違うよーって思うのですが、デザートレシピの本、"Fruit Plate Peach & Pear"によると、これが正しいみたいで(たぶんフランス語で、ペーシュ・メルバと読む)、このデザートの由来が説明してあります。

フランス人シェフ、エスコフィエがオペラ歌手ネリー・メルバのために考案した桃のデザート

なのだそうです。

最近"ワンクリック"をお願いしているブログランキング 5Styleの上位にいらっしゃる、CHICOさんのブログ、 California Kitchen を拝見して、作ってみよ~ と思ったのです。

お菓子教室を主宰されているだけあり、どのケーキもとってもおいしそうです。

CHICOさんのご説明によりますと、アメリカではピーチメルバ、と呼んで親しまれているそうです。なるほど~。

Peche_melba_2

 

桃のコンポート(白ワイン、水、砂糖、レモン果汁で煮る)に、アイス、ラズベリーソース(ラズベリーを裏ごしし、砂糖とレモン果汁を加える)を添えるだけ、ととてもシンプルなデザートなのですが、とっても美味しい。

アイスと桃のコンポートの相性が抜群で、ラズベリーの程よい酸味も加わって、おいしさに顔がふにゃけてしまいそう(*^_^*) 

考案してくれたエスコフィエさんに大感謝です。

☆ ★ ☆ ★

そしてなんと、あまりにおいしかったので今日も作ってしまいました^m^

Peche_melba
10年前!!に買った、ティファニーのプレート

今日は約1ヶ月ぶりにゴルフに行ってまいりまして、すごく、暑くて、疲れました(>_<) 

汗で体がベタベタだよ~ という状態は本当に久しぶり。

サンディエゴで夏場でも、気温が30度を突破しようと湿度が低いので汗でベタベタ、なんて状態には滅多にならないんですけど・・・

蒸し暑い東京の夏をすっかり忘れた体には辛いっ!!

それで、シャワーの後、ついつい甘いモノが食べたいなー・・・と、作っちゃいました。ラズベリーのソース、残ってたし。。。 (← 自分に言い訳)

2日連続になるし、見た目だけでも変えてみようかと、本日はお皿に盛り付けてみました。

なんだかこっちの方が美味しそう?? と、アイスが溶けるのもかまわず、写真をバシバシ。 

Peche_melba_3
冷凍のブラックラズベリーも添えればよかったかな・・・

本日も、大変おいしゅうございました<(_ _)>

 

明日は・・・ 久しぶりにシフォンケーキでも焼こうかな、と思っております。 

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆

本日も最後まで読んで下さってありがとうございます。

ピーチメルバ、いかがでしたでしょうか?

今後への励ましの意味も込めて、
お手数ですがポチリと一ついただけると幸いです。

ファイブスタイル ブログランキング  ありがとうございました。

お出汁の素

Photo

味の素の『ほんだし』と決別(してないか)のキッカケ(?)となった、お出汁の素です。
里帰りした時、乾物屋さんに行って仕入れてきました。

味の素さんには申し訳ないのですが、「ほんだし」とは違うんですよね、やっぱり。

当たり前ですけれど。

きちんと「いりこ」でお出汁をとったお味噌汁は、本当に美味しい。

今回日本に帰った時、しみじみと思いました。やっぱり違うんだなーって。

アメリカに来て、お出汁の味や香りに敏感になってしまったのかもしれません。

そんな訳で、瀬戸内海のいりこ、日高の昆布、削り節(どこのなのか不明)、をスーツケースに忍ばせて持ち帰ってきました。(←密輸ですね^^; 自宅用なのでご容赦ください)

それを、1回分くらいを小分けしておいて、すぐ使えるようにしてあります。
(いりこは、要冷蔵なので冷蔵庫で保存)

手順の一つに入れてしまえば、毎回お出汁を取るのもあまり苦にはなりません。もちろん、ヒマ人なので1時間かけて夕飯の支度ができるから、なのかもしれませんけど。

もちろん、面倒だなーって時は、ほんだしと昆布茶に逃げてますよ(笑)。

でも、きちんとお出汁を取ってお味噌汁を作る時、使うお味噌の量が減るような気がします。

これって、健康に良いってこと?? 

なーんて。

 

乾物屋さんのいりこ、削り節がなくなったら、こっちの日系スーパーで仕入れるしかないっていうのが、ちょっと悲しい(>_<)

全然ちがうんだもん。。。値段は高いのに。。。

★ ☆ ★ ☆

明日はガラリと洋風で。 ピーチメルバを作ろうと、桃&ネクタリンのコンポートを作ってあります。

★ ☆ ★ ☆

最後まで読んでくださってありがとうございます。

今後への励ましの意味も込めて、
お手数ですがポチリと一ついただけると幸いです。
↓ 

ファイブスタイル ブログランキング  ありがとうございました <(_ _)>

ふやき御汁 宝の麩

Photo

お友だちから、加賀麩 不室屋さんの、『宝の麩』を送っていただきました。

実は私、これを見るのは初めて^m^

箱の中身はこの通り、まるで最中(お菓子)のようです♪

さすが、加賀。

Photo_2

この宝の麩、の誕生について。

海外留学するお子様に、日本の味を手軽に食べられるようにとふやき最中に乾燥した野菜や麩などの具を詰め、金沢風のおすましの粉を沿えて送ったそうです。

いつしかその地に住む日本人の間で話題になり、贈り物としての依頼があったことから商品化されたのだとか。

日本食の決め手って、おしょうゆじゃないんですよね。

昆布だったり、カツオだったりの『おだし』だと思うんです。

お出汁の香りや味って、日本人にとっては特別なんじゃないかなーって思います。 

だから、海外に住む日本人の心に響いたんでしょうね。

★ ☆ ★

作り方は簡単。

封を開けてお椀に入れて、お麩最中の真ん中を割ってお湯を注ぐだけ。

この手軽さも、素晴しい!!

Photo_3
この手軽さはインスタント食品そのもの

今日は「おすまし」をいただいてみたのですが、なんとも上品なお味。香りもよく、とっても美味しい。わかめも肉厚で美味♪

とてもとてもおいしゅうございました。

Photo_4
ふにゃふにゃになった最中麩もとろけるように美味

3連続"和"がテーマになってしまいました。

明日も続けて、お出汁について ご報告したいと思います。

★ ☆ ★ ☆

お麩のおすまし、おいしそうね♪
がんばって更新してるねー、と思っていただけたら、
ポチリと一つお願いします。 これからの励みにします。

ファイブスタイル ブログランキング

ありがとうございました。

抹茶ぱふぇ

Photo

作ってみました、抹茶ぱふぇ。

作った、と言っても、抹茶にバニラアイスにあんこに生クリームにゴーフルを器に入れただけ、なんですが・・・・。

コツ、と言えるのかどうか疑問ですが、アイスクリームは少し柔らかくなったところをスプーンで球体にくりぬいておいて、再び冷凍庫に入れて凍らせる、という下準備をしたことくらいかな?

このワザ、飛行機(ANA)の中で出してくれるデザートは、そうやって出してくれるのです。思いっきりその真似っこです。グラスの中でピンポン玉より更に小さいサイズでくりぬいたアイスボールは、見た目が可愛い♪ 

それを目指したのですが、今日はなんだかとっても暑いのです(>_<)

この暑さ、『ぱふぇ日和』と言えますが、写真を撮らせてくれ~って懇願している間にもどんどんアイスが溶けていく・・・・。

2
このグラスは、IKEAのものです。

抹茶、アイス、あんこ、の組み合わせ。 あんこは、たいやき以来です。

日本の味、です。

抹茶あいすくりん、にあんこがはいるだけで、更に一層"和"のスイーツに。  

とっても美味しい。 思えばパフェも久しぶりです。 

お家でパフェ、なんて発想、今まで無かったし。。。

簡単手軽に和スイーツ、第2弾でした。

Sarajyaさん、ありがとうございます~ <(_ _)>

 

★ ☆ ★ ☆

がんばって更新してるねー、と思っていただけたら、
ポチリと一つお願いします。 これからの励みにします。
ファイブスタイル ブログランキング 

ありがとうございました。

sarajyaさんの 抹茶あいすくりん

Photo

人気ブログの"のんびりのびのび" のSarajyaさんのレシピ、抹茶あいすくりんを作ってみました。

残念ながらSarajyaさんのように、"美味しい抹茶が手に入ったから"作ったのではありません(>_<)。
Mitsuwaで売っていた伊藤園の"手軽に抹茶"です・・・。一応、宇治のお茶だと書いてあったので信じて・・・いいですよね?伊藤園さん。

アイスは、定番のハーゲンダッツ。こちらではとても手軽にお安く買えるので、冷蔵庫に常備しています。これを、庭で空を見ながら食べるのが、たまらなく贅沢で美味しいんですよ~。前の家でも、庭でアイス、は定番でした。

抹茶あいすくりんは、写真を撮っている間にアイスが溶け出しちゃってタイムアウト。撮影直後にその場でいただきまーす。。。庭で優雅に、は次回に期待!!

ん~ おいしい(*^_^*) 

Sarajyaさんのおっしゃるとおり、お抹茶にバニラアイスを浮かべるだけ~♪ という手軽さで、和風スイーツの出来上がり!!
この手軽に和風スイーツ、というのは海外暮らしには本当に嬉しい。

簡単手軽、思いついたらすぐ、なので、飽きるまで作り続けるような気がします。

あ!!そういえば、あんこを冷凍してあるのを忘れていました。

生クリームも常備してあるし。

次は抹茶パフェ、作ってみましょう!!

Sarajyaさん ごちそうさまでした <(_ _)>

Photo_2
この溶けたアイスと抹茶の混じったところがまた、美味しい♪

★ ☆ ★ ☆

センスのいいブログばかりのランキングに、無謀にもトライしてみることにしました(*^_^*)

↓ポチリ、 とひとつ、お願いします。 

ファイブスタイル ブログランキング ありがとうございました<(_ _)>

Cone Style

821

今週の作品です。

Cone=円錐型 のアレンジメントです。足元をコンパクトにしつつ、高さをだすので省スペースで華やかさを演出する時に用いるデザインになります。

せっかくなので、テーブルのセンターに置いて写真をパチリ。

背後のフロアランプが邪魔・・・どけて写せば良かったですね。失敗(>_<)

821_2

バラ、デルフィニウム、トルコキキョウ。

この時期定番の花に加え、今回はマツムシソウ(Scabiosa)と、Smoke TreeというニックネームがあるというTraquilmを使いました。

Scabiosa
これがマツムシソウ

夏の花って、青系(紫)の花が多いような気がします。

少しでも涼しげにする為なのでしょうか?? 

Traquilm

この花は、日本では見た事が無かったような気がしますが、こちらでは山に咲いているのを見かけます。ワイナリーがあるような丘陵地で、ぼわ~っと煙ったように咲いているのが印象的。

こちらの山は、岩山なので日本の青々(緑)とした山とはまるで違います。

植物は生えていますが、薄汚れたような緑色か、枯れかかった薄茶色緑でちっとも綺麗じゃありません。

その中に、やはり薄汚れた紫色に煙って見えるのが、この花なのです。

★ ☆ ★ ☆

最近夫が、"外付けのフラッシュの使い方のコツ" なるものを覚えてきて、やたらとフラッシュ(外付けのみ)を使って撮影しています。

外付けフラッシュは向きを変えられるので、反射をうまく使うことで、自然光によって発生する陰を相殺することが出来るのです。レフ板を使って太陽光を反射させ、モデルさんの顔にできる影を相殺するのと同じ理屈ですね。

どんな物なのか使ってみました。

自分のα350にセット。

・・・・・

お、、重い・・・・ 重すぎる・・・・・

こんなんで、写真撮れないよ~っ!!

 

気を取り直して。がんばって撮影開始。

モデルはぬいぐるみ。(↓Build a Bearで作りました・・・・)

Dsc00184

逆光気味の場所↓に置いたので、普通にフラッシュ。

フラッシュ無しと比べると明るく影ができないのでこれも有り??と思いますが、実物と比べると光りすぎで陰影が飛びすぎです。おでこのあたりや鼻の頭のテカリも気になります。

Dsc00181

 

そこで、フラッシュを天井に向けて撮影。↓

Dsc00183

おでこのテカリが消え、実物に近い状態で撮影できたのではないでしょうか?(自画自賛)

一番最初に比べると、自然な感じがすると思います。

 

これは面白い^m^

 

この外付けフラッシュ。
あっという間に単3電池がなくなっちゃうので、Costcoで48本入り10ドルの電池を仕入れてきました。 これで電池切れの心配なし?! (充電池買えって?!)

Dsc00206
48本入り。いくらなんでも・・ってサイズです。

Dark Yolk

Photo

日系スーパーのNijiyaに行ったら、"黄身の濃い卵"という売り文句で新種の卵が並んでいました。

いつも買っているNijiya Farmの卵ちゃん(Organic)と同じ値段(12個で3.99ドル)だったので、お試しで買ってみました。

アメリカの卵の黄身は、全般的に白っぽいのです。

カスタードクリームを作っても、プリンを作っても、茶碗蒸しを作っても、玉子焼きを作っても、日本で作っていたものと比べると絶対に白い。

当初、それがなんとも不気味で、卵難民のようにあれこれ試した時期もありますが、いつしかNijiya卵に定着しておりました。

それが、突然、"黄身が濃いよ"なーんて改めて言われ、その言葉についつい踊らされ(?)買ってしまったのです。

単純な私。

これが、黄身が濃い卵、として売っていた卵ちゃんです↓

Dsc00164
この「Dark Yolk」がPoint

さて。

この"黄身が濃い卵"で何を作りましょう・・・・??

引越ししたお友だちがお家に呼んでくれたので、久々になめらかプリンを作って持っていく事にしました。

久々に作るプリンです。

実際に卵を割ってみると、確かに黄身が濃いです。

お菓子作りには、良いかも^m^

Photo_2

☆ ★ ☆ ★

お引越ししたお友だちのお家は、とーっても大きなお家。

とっても素敵なお家でした。 オーナーが家をきちんと管理している物件だってことが、一目見て判る、理想的なお家です。

しかし、依頼したお引越し業者がとんでもなくいい加減で、とっても苦労したそうです。

フロアランプが折れた、という話には絶句。

食器が割れた、ランプが割れた、家具にキズが付いた、は想定の範囲内のアクシデントだと思うけれど、フロアランプが折れるって、どういうこと?!

さらに、ベットのマットレスも、変形していたそうです。

一体何をしたんですかね?? わずか車で20分ほどの距離の移動だったのに。

もう日本に帰るまで、引越ししなくて済むといいね。

お疲れ様でした<(_ _)>

この花は・・・?

Photo

これ、何の花だかお分かりになりますか?????

白い、小さな花。

こーんな花が咲くなんて、私は知りませんでした。

2

これで判っちゃいますよね、きっと。

 

そうです。正解です。

Photo_2

育てていたバジルに、ついに花が咲いちゃったんです ^m^

 

これって、もしかしたら"種"も出来ちゃうのかしら??

と期待中。

種が取れたりした時には、またご報告しますね。

☆ ★ ☆ ★

先日収穫したラディシュは、スライスしてサラダに和えて頂きました。

収穫直後に見せた時夫は、僕は食べないよ、と冷たく(?)言い放ったのですが、スライスしてサラダに和えて出したところ、

「これ、あの赤かぶ?甘くておいしいんだね。サラダに入ると食感も良いし。まだ育ててるの?」

だって。

食わず嫌い王の好き嫌いを、一つ克服いたしました(^_^)V

ごま一番

Photo

お友達方いただいた、おいしいおいしゴマです。

ごま好きの夫も大絶賛。

見た目がふつーの白ごまだけに、食べてみてビックリ、なのです。

市川園という静岡の(沼津じゃなくて)お茶屋さんが通販のみで扱っているゴマ。

なんとも言えなくおいしい^m^

10年愛用、とおっしゃる通り、我が家でも虜になりそう♪

 

これまで我が家のゴマは、義母御用達の近所のやおやさんから仕入れてくる、おじいちゃん(←お名前忘れちゃいました)が炒ったものでした。気長に手作業で炒られたゴマは、一袋たったの50円。(趣味か奉仕としか思えない価格設定!!)

炒りたてのものすごく香ばしい香りが特徴。この香りを知ってしまうと、市販の炒りゴマは炒りゴマじゃないって感じ。

ところがこのおじいちゃん、奥様の具合がよろしくないとかで、ごま炒り業を引退(>_<) 義母から連絡があったとき、夫と共に少なからずショックを受けました。

そこに頂いたこのおいしいゴマの登場♪ というわけなのです \(^_^)/

おじいちゃんの香りが全てのごま VS 市川園のこだわりの味のごま。

薬味で使うすりごまならおじいちゃんの、ふりかけ等でそのままいただくなら市川園のごま、と使い分けられれば良いな、と思います。

Dsc00026

 

おじいちゃんの炒りごま。

これでたったの50円。

抜群の香ばしさで、夫はこのごまが大好き。

残念ながら、冷凍ストックもこれが最後・・・グスン。

赤いバナナ

Photo

赤いバナナを買ってみました^m^

日本に里帰りした時聞いてきた"バナナダイエット"。 朝食をバナナと常温の水に切り替えるだけ、という手軽さに、里帰り中に増えた体重を落とすべく、まずは夫が開始したのをきっかけに、バナナ常備生活をスタート。

いつもふつーの黄色いバナナを買っているのだけれど、買いに行ったら在庫全てが青々としたバナナばかり(-"-)

そこで、試しに、と買ってみたわけです、赤いバナナ。

美味しいのかな?と。(少なくともお値段は普通のバナナの倍)

Photo_2

皮を剥いてみると、ふつーのバナナとおんなじ??

若干水分がすくなくて濃厚なのと、皮が固い!!!

お味のほうは、ふつう・・・??? 特別な感じは無く・・・・・

 

実は赤いって事でちょーっと期待しておりました。

こっちで売られているジャガイモは、赤い方が断然我が家好みの美味しさ、なので。

Photo_3

日本で好んで選んでいた、カルビーのジャガイモに似ているような気がします。

これで肉じゃがやカレーを作ると・・・それはもうおいしいんでございます♪

今回、ご一行様をお迎えするにあたり、時差ボケで変な時間にお腹が空いたとき対策に、肉じゃが作っておいてあげて~、という夫のリクエストがあったので、山盛り作っておいたのですが、ジャガイモがおいし~と、大好評。

このジャガイモちゃんはホントにおいしいです。

バナナは・・・・・ 普通のバナナでいいかな、って感じでした。残念ながら(-"-) 

Farmers Market

Farmers_market

またまた、LAの観光地、になってしまいました(>_<)

ご一行様ご滞在中にも、ケーキを焼いたんですけれど、写真に収めるまでも無く、食べちゃいまして・・・(笑)  

そんな訳で写真は無いのですが、久々に焼いたガトーショコラが一番のヒットでした。

老若男女誰にでも好評だし、冷凍保存しておこうかな??なんて。

☆ ★ ☆ ★

本日は、LA市内観光で行ってきた「Farmers Market」をご紹介。 場所は、Hollywoodの南西、Bevarly Hillsに向かう途中にある、というイメージです。

Farmers Market、と聞いて、露天が並ぶヨーロッパの市場、みたいなモノを想像して行ったのだけれど、ちょーっと違う感じ。

どちらかというと、巨大フードコート、という印象を受けました。(ちょうどお昼時だったから??)はじっこには、日本語の看板を掲げた怪しい日本食のお店もありました。
一体何がでてくるのでしょう・・・???

食べ物やさん以外には、果物屋さん、お肉屋さん、お魚屋さん、ナッツやさん、ドライフルーツやさん、お茶屋さん、と小売のお店があります。ナッツやさんでは、その場でピーナッツバターを作っていて、瓶詰めで売られています。(ピーナツ以外のナッツのバターもあり)

イメージは違ったけれど、見て歩くだけで結構おもしろい^m^

また、フランスからの輸入食品+輸入雑貨店、もありました。(特にチーズの種類が豊富!!!) そこで買った、100%ナチュラル、フルーツアイスバーがとてもおいしかったです♪

 

このFarmers Marketのお隣には、The Grove というショッピングモールがあります。噴水があったり、石畳だったりして、ちょとオシャレに、そして高級感を漂わせています。Shopは、SDにあるモールと同じ、定番中の定番のShopが並んでいるんですけどね。アバクロとか、Gapとか、Crate & Barelとか、Coachとか・・・。

お隣のFarmers Marketのゴッチャゴチャなフードコートとは、別世界。

築地市場と銀座並木通りが隣り合わせているみたいな感じ。(言いすぎ?)

文字通り隣接しているだけに、そのギャップがおもしろいです。

  

今回、お客様のご案内という名目で10年ぶりにLAの観光をしました。

グリフィス天文台からの夜景、サンタモニカの遊園地、中には入っていないけれどユニバーサルスタジオ、そしてパサディナ。

全てを覚えているわけではナイのだけれど(ごめんなさい)、その光景を前にすると、忘れていたはずの記憶が蘇るから不思議。

あぁそうだ、ここを歩いたんだ~。とか、あそこで買いものした!! とか。10年前に訪ねたお店、今はカジュアルな洋服を売るお店になっていました。(たぶんあの外観はそうだと思う)

何年か後に、今回ご案内したゲストの誰かが再びLAを訪れる事があったら、こうして何かを思い出してくれるといいな~ と思ったのでした。

しかし・・・

帰りの空港で、元大リーガー野茂選手、現マリナーズの城島選手に遭遇したらしいので、野球好きの彼らのことだから、LAやSDで過ごした全ての記憶が吹っ飛んだんじゃないかという懸念があるのだけれど・・・・(>_<) 

ま、いっか・・・(-"-)

★ ☆ ★ ☆

忘れてました。 上の写真は夫の撮影(α900)です。

Maribu Seafood Fresh Fish Market

Photo

Los Angelsのお金持ちエリアの一つであるMaribu CityにあるSea Food Cafeに行って来ました。

その名も、Maribu Seafood Fresh Fish Market and Patio Caf'e

サンタモニカからPacific Coast Highway (1号線)を北上する事20分くらいかな?私立大学のPepperdine Universityを過ぎたら間もなく、という海岸沿いにあります。

決してオシャレって訳ではないんですけれども、新鮮なSeafoodをいただけます。

お店の半分が、お魚屋さん。

キングサーモンやハルビット(ヒラメの仲間)、カニや、生きているロブスターを売っています。そのまま調理せずに持ち帰る事も出来るし、お隣ではそれらを使って調理してくれて、外のPadioで食べる事ができます。

調理法は、蒸す・焼く・揚げる、の大きく3種類。

蒸すにはパンが、焼くにはサラダかポテトかライスからチョイスした2種類が、揚げるにはフレンチフライがつきます。(ボリューム満点なので要注意!!)

そのほか、クラムチャウダーやツナバーガー(マグロのハンバーグをサンド。←名物なのか、これを食べているアメリカ人がとても多かった。とてもおいしいけど大きい)、サンドイッチ等々。

写真のロブスターは、Main州のロブスター(それ以外に、太平洋のロブスターもあり)。

Main州とは、アメリカの北東の端っこにある小さな州。カリフォルニアのサンディエゴの対角線上にあり、ロブスターでとても有名なところ。せっかくなので、Main州のロブスターをチョイス。写真のロブスターで約2パウンド。

日本から到着したばかりの5名のゲストをLAXから直接連れて行ったのですが、時差ぼけ吹っ飛びの迫力だったみたいです(笑)。

サンディエゴからだと、もう少し南にあるRedondo Beach PearにあるQuality Seafoodもオススメです。豪快さではこちらも負けていません。

以上 昨日に続き、LA観光ネタ、でした。

夜景

Photo

怒涛の2週間が過ぎました。

8月1日から昨日まで、2組のゲストを連続してお迎えしておりました。

この2週間、SD観光、LA観光、と車で走りまくったわけですが、10年ぶりにLAの夜景を見て来ました。

グリフィス天文台から見るLAの夜景は、LA観光の目玉の一つらしく、オプションのツアーがたくさんでています。

私達は10年前、当時LAに住んでいた友人につれてきてもらったのですが、感激したことが今でも忘れられず、せっかくだから、とプランに組み込みました。(正しくは、自分達が見たかった・・・???)

10年ぶりの夜のLA。

宝石箱をひっくり返す、という表現がピッタリ。

それはもう、とてもとても綺麗でした。

夫はデジイチ持参、写真撮影に励んでおりましたが、私はコンパクトカメラだけだったので、夜景撮影は夫にお任せし、私はお遊び写真をパチリ↑。

夜景撮影でつきものの手ぶれを逆手にとって、わざとカメラをグルグル。

上の写真と同じ方角を撮った写真ですが、動かし方を変化させるとこんな風に・・・

Dsc05763
子供の落書き・・・??

コンパクトではなくてデジイチだったら、もっともっと幻想的な仕上がりになると思います。

夫が撮影した夜のLA。 これが実際の夜景です。

Dsc01958
LAの平野は、関東平野とほぼ同じ広さだそうです。

グリフィス天文台からの夜景。

LAにお越しの際は是非。

家庭菜園~収穫~

Photo

お友だちに頂いた種を植えて育てたラディシュを収穫しました。 第1号です。

一粒の種から、双葉が出て、本葉がでて、どんどん成長して根元が赤くなり、ムクムクと周りの土を押しのけて太っていく様子を見ていると愛着が増してきて・・・・

2
まだ食べられません・・・・(*^_^*)

植木鉢の中では次々と大きく育っています。

天気が良く、日当たりも良く、植物が育つにはピッタリなのかな??

おっと。毎朝(時々夕方も)のみずやりは、欠かせません。忘れたら速攻で枯れます、たぶん。

一緒に頂いた"大葉"の種、植木鉢を用意してあるけれど、まだ植えていません。

そろそろ植えようかな。

レンジで簡単 チョコレートケーキ

1

遊びに来ているお友だちのお子様(小3/♀)が、

"ケーキを一緒に作りたい!!"

と言うので、考えた末、ずいぶん前に何度か作ったことがあるオーブンを使わない、レンジでチン、のチョコレートケーキを一緒に作ってみました。

CookPadの、ぼうすけさんのレシピです。 本当に20分ほどで出来ちゃいます。

冷やす時間を考えても、1時間あれば完成。 パパッと手土産に、おもてなしに。ホントに簡単です。

"しっとりケーキ"がお好みの場合は、余熱で表面が固まるまで型に入れたまま冷ました方がいいかな、と思います。(慌てて出すと、形が崩れます)

 

今回使った型は、18センチの丸型。 分量は、卵3個で計算しなおしました。

ケーキ作りの醍醐味(?)は、デコレーションかなと思ったので、生クリームにバナナをサンド。 パウダーシュガーでお化粧して完成です。

ここの工程は彼女自身がバナナを切るところから全て担当。とーっても上手に出来たかな、と思います。

これを手土産に、お友だちの家に移動した彼女。お夕飯の後のデザートにしたそうですが、とってもおいしかったそうです。 

我が家で過ごした夏休みの思い出の一つに、なってくれたでしょうか??

巨峰のタルト

Cut

待ちに待ったお友だち家族がやってきました!! ワーイワーイ\(^_^)/

バニラシフォンを使ったイチゴショートにするかどうか迷ったのだけれど、先日試作した巨峰のタルトでお迎えする事にしました^m^

イチゴショートを辞めたのは、夫に、”イチゴ、また勝負するの!?”と言われて怯んでしまったから。

そうでした。忘れてました。

カリフォルニアのフルーツ。安くておいしいものが多いけれど、イチゴは絶対日本のものにはかなわないのだった。。。

そして、少々酸っぱくても生クリームと一緒ならアリかな?と思ったのだけれど、アメリカのイチゴは、単に酸っぱいだけじゃなかった。

ここのイチゴは、男らしい、ガッツリしてて、ごっついのだった…

確かにシフォンを使ったショートケーキには、全然、まったく、似合わない(>_<)

 

そんな訳で、先日試作してみたパイ生地ベースのタルト台を焼き、フィリングにはバニラたっぷりのカスタードクリームを使い、巨峰を乗せられるだけ飾った巨峰のタルト。こんな感じに仕上がりました。↓

Photo

じゃ~ん、と公開したら、子供達もママも大喜び♪  

よかったよかった。

やっぱり、クッキー生地よりタルト生地のほうが似合います。

もう少し、生地に焦げ色がつくくらい焼いた方が良かったかも・・・??

☆ ★ ☆ ★

先日ご紹介した、巨峰の皮をつるんとむく方法。トマトの湯剥きと同じ方法ですが、ほんとにつるんと剥けますヨ。

今までやっていた、爪楊枝をつかってクルクル剥いていく方法も、個人的には好きなのですが、大量に使うときは湯剥きは絶対オススメです。

★ ☆ ★ ☆

お友だち家族には、3泊していただきました。

普段2人の我が家。昼間なんて私一人。 しぃーーーん、としてます。

それが、子供2人+ママ のゲスト3名サマにぐっとにぎやかに。

お食事も皆でワイワイ、食後もワイワイ。

とってもとっても楽しい週末でした。

なすのクリームトマトソース

Eggplant_pasta

種から育てたバジルがどんどん大きくなっています。

そのバジルを使って、ナスのトマトクリームソース を一人ランチに。

市販のトマトソースに生クリームとモッツアレラチーズを加えて、採れたてのバジルを手でちぎって加えました。あ、おナスはスライスしてフライパンで焼いてから加えました(^^♪

ラ・ベットラ の落合シェフの本に、バジルは手でちぎった方が香りが良いしおいしそうに見えるよ、とコメントされていました。 まな板も包丁も汚さずに、簡単なので即採用、です。

 

そうそう。この落合シェフのイタリアンの本、買ったは良いけれど、眺めるばっかりで、なーんにも作ってみたことがありません。(そういう本は、こればっかりじゃないけれど)

バジルを手でちぎりましょう、とか、モッツアレラチーズを保存するにはどうしたらいいか、とかいうマメ知識を拝借しているくらい。

せっかく持っているのに。

何か作るとしたら・・・・

まずは ティラミスから、ですかね、私の場合 ^m^

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ