« なすのラザニア風 | トップページ | エビとアボカドのサンドイッチ »

巨峰のタルト 試作品

Photo_2

週末買ってきた巨峰を使って、タルトを作ってみました。

巨峰、いつもより酸っぱかったんですよー(>_<)

それで、カスタードクリームとあわせれば、おいしいだろうな、と思って^m^

そして、今回はタルト台のレシピをいつものクッキー生地から、パイ生地に変更してみました。

というのも、日本に帰ったときに行った私の大好きなケーキ屋さん"キルフェボン"。

今回は(というか今回も?)季節のフルーツタルトを頂いたのですが、タルト台はクッキーよりもパイに近い生地を使っていたんです。

確かに、以前作ったチョコバナナタルトとか、メレンゲをフィリングに使ったタルトにはクッキー生地がピッタリだと思ったのですが、マンゴのタルトの場合は生地のポソポソ感がちょーっと気になりました。

フィリングに、カスタードを使ったフルーツタルトの場合はパイ生地のほうが似合うのかも??? 生クリームの場合は、クッキーの方が似合いそうな気がするけれど・・・(これも試作が必要?)

 

思ったとおり、ポソポソ感の少ないパイ生地を使ったタルトの方が合うみたいです^m^

FPで簡単に作る事ができるパイ生地のほうが、作るのは楽チンかな。 

週末から、ゲストが続きます。

これも、おもてなしメニューに加えようと思います。

★ ☆ ★ ☆

<巨峰の皮のむき方>

爪楊枝を実の先端から皮に沿って挿して、実を回転させながら剥いて行きます。

種は、半分に切って"かにスプーン"の爪側をつかうと簡単に取れますよ。

CookPadに、もっと簡単な皮むきの方法が紹介されていました。

熱湯にくぐらせると、トマトの湯剥きみたいにつるりん、と剥けるそうです。(こんどやってみようっと)

普通に種有りの巨峰を食べるときは、半分にカットすると皮を剥かずに、手も汚さずに食べられます♪

お試しください。

« なすのラザニア風 | トップページ | エビとアボカドのサンドイッチ »

タルト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1008339/22652346

この記事へのトラックバック一覧です: 巨峰のタルト 試作品:

« なすのラザニア風 | トップページ | エビとアボカドのサンドイッチ »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ