« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

エビとアボカドのサンドイッチ

Shrimp_avocadp_sandwich

オレンジページの本の、"手づくりパンとサンドイッチ" にあった、アボカドとエビのサンドイッチ。

本によると、アボカドとエビの組み合わせは、カリフォルニアが発祥の地なんだそうです。

それは知りませんでした(@_@)

せっかくなので試してみようかなー・・・と思って作ってみました。

簡単ですから。。。

スライスしたアボカドに、塩コショウとレモン果汁、スライスした玉ねぎを加えて良く混ぜて、塩茹でしたと和えたものをパンにはさめばOK。 

食べるとき思ったのが、アボカドをもう少しつぶし気味に和えたほうが、具がまとまって食よかったかな、ということ。そのほうが食べやすいかな、と。

お味のほうは、レモン果汁と塩コショウだけで仕上げるのでサッパリいだけます。

ついついディップを作るときの感覚でマヨネーズを加えてしまいたくなるのですが、レモンと塩コショウだけ、って良いですね。 私は結構気に入っちゃいました。

でも・・・・残念ながらアボカドは、夫くんは苦手なので再び作ってみることがあるかどうか判りませんけれど(笑)

巨峰のタルト 試作品

Photo_2

週末買ってきた巨峰を使って、タルトを作ってみました。

巨峰、いつもより酸っぱかったんですよー(>_<)

それで、カスタードクリームとあわせれば、おいしいだろうな、と思って^m^

そして、今回はタルト台のレシピをいつものクッキー生地から、パイ生地に変更してみました。

というのも、日本に帰ったときに行った私の大好きなケーキ屋さん"キルフェボン"。

今回は(というか今回も?)季節のフルーツタルトを頂いたのですが、タルト台はクッキーよりもパイに近い生地を使っていたんです。

確かに、以前作ったチョコバナナタルトとか、メレンゲをフィリングに使ったタルトにはクッキー生地がピッタリだと思ったのですが、マンゴのタルトの場合は生地のポソポソ感がちょーっと気になりました。

フィリングに、カスタードを使ったフルーツタルトの場合はパイ生地のほうが似合うのかも??? 生クリームの場合は、クッキーの方が似合いそうな気がするけれど・・・(これも試作が必要?)

 

思ったとおり、ポソポソ感の少ないパイ生地を使ったタルトの方が合うみたいです^m^

FPで簡単に作る事ができるパイ生地のほうが、作るのは楽チンかな。 

週末から、ゲストが続きます。

これも、おもてなしメニューに加えようと思います。

★ ☆ ★ ☆

<巨峰の皮のむき方>

爪楊枝を実の先端から皮に沿って挿して、実を回転させながら剥いて行きます。

種は、半分に切って"かにスプーン"の爪側をつかうと簡単に取れますよ。

CookPadに、もっと簡単な皮むきの方法が紹介されていました。

熱湯にくぐらせると、トマトの湯剥きみたいにつるりん、と剥けるそうです。(こんどやってみようっと)

普通に種有りの巨峰を食べるときは、半分にカットすると皮を剥かずに、手も汚さずに食べられます♪

お試しください。

なすのラザニア風

Photo

一人おうちでランチ。

何にしようかなぁ~??と思っていたとき。

ふと、お友だちとランチに行った、近所にあるワイナリー(Bernard Winery)内のカフェ(Cafe Merlot)で頂いた本日のスペシャル 『ラザニア』がとってもおいしかったのを思い出しました。

Cafe Merlotで頂いたラザニアは、パスタの代わりに『コーンミール』を使い、ミートソースではなく、ナス・ズッキーニをたっぷり使ったラタトゥーユ風のトマトソースがたっぷり。お肉を使わない、パスタも使わない、野菜のラザニアでとってもおいしかったのです。

そこで、栗原はるみさんの"日曜日のおいしいブランチ"に紹介されている「ナスのラザニア風」の事を思い出して作ってみました。

ちょうど、冷蔵庫には私しか食べないナス、も残っていたし^m^

作り方は簡単。

スライスしてフライパンで焼いたナスと、トマトソースとホワイトソースを交互に重ねてチーズを乗せてオーブンで焼くだけ。

Eggplant_rasagna

これなら分量なんて気にしないで作れるじゃーん♪ と早速作業開始。

ホワイトソースはいつも作っている分量で作り(余った分は冷凍保存)、トマトソースは市販のものを使い、オーブンを暖めるのも面倒なのでトースターを使ってパッパと仕上げました。(最初の5分はアルミホイルをかぶせ、チーズが溶けて周囲がフツフツしてきたらアルミをはがしてチーズに焦げ色が付けばOK)

うーん、おいしい♪ (Cafe Merlotのラザニアとはベツモノだけど)

簡単なのに見栄えもし、お肉を使わない分ちょっとヘルシー(?)。

それでおいしいのでオススメです。

はるみさん、いつもごちそうさまでーす。

たいやき

Photo

先日お友だちの家にお邪魔した時、作ってくれた"たいやき"です。(写真は、おみやげ。そう、おみやげつきだったんです~ 感謝)

しっぽまであんこが入っていて、とってもおいしい^m^

以前、"和菓子作り"やってみたいねー、などと話していたことを思い出し、あんこもののお菓子ということで、作っておいてくれたんです。 素晴しい♪

アメリカに来て、たいやきを自宅でふるまってもらえるなんて!!!! いえ、日本にいた時だって、自家製のたいやきをふるまってもらうなんてことは無かったわ。 

おいし~ (*^_^*)

  

彼女が所有するホットサンドメーカーには、『たいやきの型』まで付属されているんだそうです。

うーん、欲しい・・・・ とーぜん日本製よね。

ホットサンドメーカーは、ワッフルも焼けるんだって。(ちゃめさんが以前ブログで紹介していた、モッフルも焼けるってこと??)

こっちでも、ワッフルメーカーなら売ってるけど。かなりゴッツイやつ。ワッフルを焼くのに重さは必要ないと思うのだけど・・・。え?あるの?? 

 

そういえば、久しくホットサンド、なるものを作っていない。。。

と思ったのは私だけでなく、夫も思ったようで・・・ "うちにあったの、まだあるの?" とのこと。(我が家は、直火で作るホットサンド用のステレス製のフライパン?のようなモノを所有。これです ↓)

Photo_2
かなり年代ものです・・・

ありますよ、あります。アメリカに来る時、よっぽど処分しちゃおうかと思ったけど、結局持ってきてしまった年代物(?)の元祖ホットサンドメーカー(?)が。

こうやって引っ張り出して写真を取ったりすると、ホットサンドが食べたくなっちゃう。

久々に、作ってみましょうか。

Open

・・・・こんどね(笑)

Cressent Style

724flower

昨日の作品です。今月最後。

三日月形にデザインして、壁際や壁にかかっている丸いものを装飾することを目的としたデザインです。

例えば、楕円形の額、鏡、教会のマリア像などを半円で包み込むように装飾します。

これが本当に難しかった(>_<)

さすがに今回は、最初のポイント(骨組み)を枝モノを使って先生に作っていただき、それを目印に、V字型の直線にならないように、カーブ(三日月)をイメージしながら凹凸ができないようにバラ、カーネーション、デルフィニウム、の順で活けていきました。

正面視三日月、はわかるのですが、側面から見たクロワッサンのようなフンワリとした左右対称なカーブも出さなくちゃいけないし・・・・。

これを自力で仕上げる・・・・・ 自信ない (+_+)

★ ☆ ★ ☆

写真のバラをよーく見ると、緑のテープが巻いてあります。

通称"はちまき"。

デザインしている最中にバラの花が開いてしまうのを抑える為のテク。 フラワーテープで巻いておきます。

また、バラの花は水揚げが難しく、首が折れ曲がってしまいがち。

それを防ぐ為に、ワイヤーを使って首を固定しています。

こういう細かい下準備をしておくことで、お花を綺麗に見せることができるのだそうです。

アメリカ生まれのフラワーアレンジメント。

さすが、合理的です。

チョコバナナシフォン

Choco_banana_chiffone

チョコバナナシフォン を焼きました。

先日のバニラシフォンをベースに、つぶしたバナナと砕いたチョコチップを加えています。

今回は、メレンゲがボソボソにならないように、と気をつけたのですが、あと少し、ほんの数十秒かくはん不足だったかなーって感じ(>_<)

混ぜた生地がだらーんとたれずにぽってりしているのが理想(というか目標)なんですが、なかなか思うようには行きません。 生地作りは奥が深い(>_<)。

味見してみると、バナナの風味とチョコチップがいい感じ。

軽くフンワリで、ランチの後にデザートを食べてきた後でも、ぺろりと一切れ、お友だちと平らげてしまいました^m^

次は抹茶シフォンを、焼こうかなと思っています。例のウス茶糖、残してあるので(笑)

あーあ。

すっかりお菓子作り解禁、です(>_<)

Peach Sherbet

Peach_sherbet

本日、二つ目の記事です。昨日UPしなかったので。。。

桃を使った簡単シャーベット、を作ってみました。

フルーツを使ったスィーツレシピ本は、シロップを加えるとあります。そのほうが間違いなく甘味が増すのと、滑らかさが出ると思いますが、桃そのものの甘味を楽しむ、ということでシロップなし、で作ってみました。

材料

桃    1個 

作り方

1.桃の皮をむいて、1センチ角くらいの大きさに切る(大きすぎなければ形は何でも○)。

2.ふたつき容器、ジップロック、のどちらでも良いので、切った桃を平らにして入れて一晩凍らす。

3.フードプロセッサ(FP)に凍った桃を入れてかくはんする。

で、出来上がりです♪

 

桃が、カッチンコッチンに凍っていると、上手くFPが動かないことがあります。

その場合は、数分置いてから作る(放置しすぎると変色しますので注意!!)か、少量の水&少量のお砂糖を加え、緩衝材にしてみてください。

桃は、切ってから時間を置くと変色しちゃいますので、すぐフリーザーに入れてください。

 

以上、簡単 桃デザートでした。

Vanilla Chiffon Cake(2)

Vanilla_chiffon_2

できました~ バニラシフォン。

ドキドキしながら型から外しカットして試食したのですが、程よい弾力と口解け。

合格かも~ ^m^

パクパク食べられるサイズなので、あっという間になくなってしまいそう。(既に残り半分)

14~5センチのシフォン型は、危険なサイズです。

★ ☆ ★

今回のレシピは、小嶋ルミさんの、"おいしい生地"のバニラシフォンを参考にしました。オリジナルのレシピは20センチの型向けので、これを14センチの型に計算したのですが、卵の黄身も白身も○個分、じゃなくて○g という使用料。微妙に余ります。

本の中でルミさん曰く、1グラム単位まで細かい分量設定ですが、これが大事です、と断言していらっしゃるので、今回はがんばって計量したんですけれど、けっこうメンドクサイ(>_<)

1回やったから許してもらおう、ということで、次回は卵は○個分、にした材料と、バニラビーンズではなく、バニラペーストを使う前提で、分量を自分用に決めようかなと、考えております。(上手く言ったら、レシピアップします)

ルミさん、ごめんなさーい。

Dsc09510
型から出したところ

次なる野望は、このシフォンを使ってイチゴショートを作ろうかな、と思っています。

お友だち家族が日本から遊びに来るので、喜ぶかな、と。

ダンナの母&姉家族も遊びに来るし。

立派な口実ができて、お菓子作りの封印解除!! って気分です。

Vanilla Chiffon Cake

Vanilla_chiffon_cake_1

封印していたお菓子作り、やっちゃいました。

食べたーい、と作りたーい、双方の禁断症状により シフォンケーキを焼く事にしました。ホントは、ガトーショコラが食べたかったんだけど、卵と砂糖とチョコの塊なのでそれはガマンして、バニラシフォンに。

写真は、オーブンに入れて15分ほど経過した状態です。

焼きあがったら、膨らみが落ち着いて型とほぼ同じくらいの高さになりました。現在、瓶に挿して逆さまにして冷ましています。

完全に冷えるまで、型から出せないので試食は明日かな?? 

見た目はOKなんだけど・・・シフォンケーキになっているのかどうか・・・。

メレンゲを泡立てすぎてしまい、結果卵黄と混ぜるのに手間取り、生地がダラーンとしてしまったんですよねぇ・・・膨らんだから良いものの・・・失敗かも(>_<)

後日、このシフォンケーキについて更新がなければ、失敗だった、ということで忘れてください。必ずやリベンジします!!

Horizontal Style

Horizontal_style_717_flower

本日の作品です。

Horizontal Style といいまして、左右に広く、奥行きと高さをきゅっとコンパクトにまとめたアレンジメント。主に、結婚式で新郎新婦の席に飾るスタイル、だそうです。 

写真は、斜めから撮っているので、わかり難いですね(>_<)

隣り(奥?)に写っているのは、先週のゆりです。 つぼみ全て開きました。 

綺麗に咲いたので、絞り全開放(F1.4)、50ミリの単焦点レンズで撮ってみました。カメラはα350です。自然光でフンワリ優しい雰囲気になりましたでしょうか・・・??

Dsc09457

今週も、ポイントにはオレンジのゆりを使いました。 また、つぼみが開くでしょうか??

アレンジメント、習い始めて・・・もう3ヶ月?? 徐々にコツが判ってきたなーと、思っていたのですが、今回は仕上げを先生に頼ることなく、最後まで自分で仕上げました(^_^)V

ので・・・・

もう一枚、写真載せちゃいます。

Dsc09426

The Garden

Photo_4

プランターに、新たに花を植えました。

名前は??? なのですが、乾燥にものすごーーーーーく強い、花です。 

同じプランターに植えてあった花が、水不足(突発事項で2週間みずやりがSTOP)で、全部枯れちゃったのに、こいつ、いえこの花だけはたくましく生き残ったので、姉妹を増やしてあげたのです。

Photo_3

追加したけれど、プランターはまだこんな↑感じでマヌケなので、もう一少しナントカしてあげねば、と思っているけれど・・・。 (いつになることやら・・???)

そしてもう一つ、グラジオラスがたくさん咲いてます。↓ これはオーナーが植えたもの。

Photo_2

こうしてみると、綺麗なんですけどねー・・・ 実はあんまり好きではありません。(ごめんよ、グラジオラス。) 

★ ☆ ★ ☆

この家に引っ越してきて、もう5ヶ月が過ぎました。

最初はものすごーーーーーーーーーーーく庭が小さくなり、植木もミニミニで、テーブルや椅子も無いし・・・チョビットだけ、前の家が恋しかったりもしました。 庭で何をしていたわけでもないけれど、ツマラナイ、な、と。

でも・・・・。

決して有効活用していたわけではなかったその庭が、大飯ぐらいだったということを、改めて認識する事実が判明しました。 渡米後最初の家だったし、高いだろうケドどのくらい高いのか、判っていなかった水道代。 

それが・・・・なんと、引っ越して、1/4になりました。 

これが、普通なんですよね、きっと。

浮いたお金で(?) テーブルと椅子、買っちゃいました^m^

Dsc09414

蟠桃 ~UFO~

Photo

先日、naちゃんが"おいしかったよ~" と教えてくれた、Costcoの「UFOみたいな桃」です。

フルーツを使ったスイーツレシピ本"Fruit Plate"(眺めるだけで幸せになれるので全巻お買い上げ)の、Peach&Pearによると、たぶん蟠桃~ばんとう~という種類の桃。

  • 中国中部で栽培される扁平型のモモ。モモの原型と言われ、外観に似合わず、特有の甘味と芳香を持つ。果頂部が裂開しやすく栽培が難しいため、日本ではほとんど栽培されない。

結構珍しいモモ、のようです。確かに、見た事なかったので・・・ なかなかユニークな形ですが、ホントに甘くておいしい♪

Ufo

Costcoでは、こんな風に卵パックみたいな容器に入って売られてます。

ホントに、フルーツのおいしい季節です。(姿を消したと思ったマンゴも、ちゃんと居ました!!)

☆ ★ ☆ ★

里帰り中、あれも、これも~と食べ過ぎたお陰で体重UP。

そんな訳で、ただいまお菓子作りは封印中。(←作れば食べちゃうから)

せっかくシフォン型、セルクル、等々仕入れてきたのにー。。。(>_<)

Kangaroo Paw

710_flower

ここ数日、ネットワークの調子が悪く・・・。

数分間でIPアドレスが吹っ飛んでしまうんですよねー・・・・。 で、それが収まったらウィルスバスターより、Outlookが不審な動きをしてますよ、と警戒を始め、30回に1回くらいの割合でしか、メールサーバーにアクセスできなくなりました。

ネットワークの調子が悪いと言うよりも、Outlookが原因のようなので使用中止することに。辞めてしまえば安定してます、今のところ。。。

ようやく、記事UPできました。

★ ☆ ★ ☆

さて。久々のアレンジメントの作品です。

ピラミッド、という形。Buffeのテーブルのセンターに飾れるよう、ぐるぐる回しながら正面を固定しないで作っていきます。 まだまだ修行が足りず、ついつい生け花魂が復活してしまいます。ダメだー。

 

夫が、てっぺんの、黄色い花が面白い、と言ったのでご紹介。

名前は"カンガルーポー"と言いまして、「カンガルーの手」のような形をしているところから名づけられました。色は、黄色の他に赤もあります。

Kangaroo_paw

花は、桃のうぶげのような細かい毛で覆われていて、赤い方は茎の部分まで赤いのであまり好きではありません(>_<) この、黄色のほうがまだ、マシかな??

それからもう一つ。面白い花ということでStaticeを。

Statice

ここサンディエゴでは、道路沿いに咲いていたりします。近所でも咲いているのを散歩の途中で発見。その状態でも既にドライフラワーのようにカサカサ。。

何も手をかけないでドライフラワーになっちゃいそうな花です。(実際、ドライフラワーでもよくみかけますけど)花はカサカサですが、葉っぱや茎は、しっかり水分吸ってるんです(当たり前?)。 不思議な花です。

ぶたまん

Photo

関西ではぶたまん、関東では肉まん、と呼び名が変わるそうですが・・・

関西で肉=牛肉、なので、あえて豚まんと呼ぶ、という話を聞いたことがあります。ホントでしょうかね??

で、そのぶたまん(肉まん)を作ってみました^m^

皮は、CookPadで見つけたレシピ&HBのレシピをミックスしてみました。しかも分量は、小さめ

4個分で。(粉類75g換算)

具は、冷蔵庫にあったもの、で。

本当は、きちんと、どなたかのレシピを真似て作りたかったのですが、なんとCookPadメンテナンス時間に突入してしまって、じっくり見ながら作る事ができなかったのです・・・(>_<)

そんな訳で、意に反して(?)皮までオリジナルになってしまいました。

Photo_2
↑切ってみました・・・

やっぱり手づくりって美味しい(*^_^*)

それに、意外と簡単なので、今日のお昼は(おやつは)何にしよう?それにしても、ヒマだなー、退屈だなーって時、作ってみてください。

★ ☆ ★ ☆ 

ところで何故、の暑い夏に肉まん(ぶたまん)なのか?!

事の発端は、夕べ夫が、

"伊丹空港で売ってるあの、にくまんってどこのだっけ??"

と言い出した事。

早速ネットで調べると、"551のぶたまん" と言う事が判明。

あれ、美味しいんですよね♪ 単身赴任中の夫の所に通っていた頃、行きか帰りのどちらかに買ってました。お持ち帰りじゃなく、その場で頂くのが美味しいんですよね。あぁ懐かしい・・・。

と思ったら、食べたくなってしまってしまい・・・作ってみる事を決心したわけです。

日本に居れば、コンビニに行って、くださーい、で済むのにな・・・←里帰り中の極楽生活が抜けない私(>_<)

 

レシピはこちら↓

続きを読む "ぶたまん" »

Hair Ornament

Hair_ornament_3

約1ヶ月ぶりの、フラワーアレンジメントのレッスンに行って参りました。

私がお休みに入った(里帰り)週から、時間と場所が変更になっていました。そのことを知ってはいたものの、行くのは今日が初めてだったのでたどり着けるかどうかちょっとドキドキ。

渋滞するんじゃないか??とか、通り過ぎちゃったらサイアク・・・とか、色々考え、早め早めに出発したら、ずいぶん早くついてしまいました(*^_^*)

教室に入ると、先生やアシスタントの皆さんに、"おかえり~"と言っていただき、なんだかホッとして・・・。

はい、帰って来ました!!! みたいな。

こういう、アットホームな雰囲気がいいんですよねー、なんだか。

日本語の分からないアメリカ人の生徒さんもニコニコ、時に英語で突っ込みながら(日本語わかってるんだろうか??)、作品を仕上げていきます。

 

本日は、月の第1回目になるので、パーソナル="個人を装飾する"アレンジメントのレッスン。(オアシス活けは、空間装飾)

作ったのは、Hair Ornament(ヘアーオーナメント)。ヘットドレス、なーんて呼ばれたりもするものです。

上の写真は、家にあった麦わら帽子に乗せて撮ったので、あたかも帽子の飾りみたいですが、主に花嫁さんが頭にカチューシャ(ティアラ?)のように飾るものです。

カーネーションをローズに、カスミソウをジャスミンの花にチェンジして・・・

イメージしていただけましたか?

 

どうやって写真を撮ろうかなぁ??と考えていて、ふと帽子に乗せればいいじゃーん、と思いつき、麦わら帽子を使うのが一番すわりがよかったもので、そのままパシリ、と....。

Hair_ornament_1_2
角度を変えて、もう一枚

こうして見ると、ほんとに、麦わら帽子用みたいですね。ま、いっか。

以上 本日の作品でした。

カスピ海ヨーグルト

Photo

ヨーグルト、作り始めました。

固まってくれるまでは不安だったけれど、ちゃんと、こっち(アメリカ)の牛乳でもヨーグルトになりました。 よかったよかった。

とろ~んとしたとろみが特徴のカスピ海ヨーグルト、久々です。

写真では、牛乳がグラスに入っているだけ、のように見えますが、立派に固まったヨーグルトです、一応。(牛乳の時と、見た目の変化がほとんど無い・・・)

夫はヨーグルト嫌いなので、これは全て私のもの^m^

牛乳の残りも少なくなってきた事だし(ウス茶糖でも消費してる)、買い物に行って来まーす。

ウス茶糖

Dsc05653

お友だちから送ってもらった、"うす茶糖"

さっそく"抹茶ミルク"を作って飲んでみると・・・・^m^

んまーーーい 

これは美味しい。

カキ氷にかけるのはもちろん、お菓子作りに使ってみても良い?? いやいや、やっぱり抹茶ミルクが一番(なんと言っても簡単・手軽)???

毎日グビグビ飲んでいるため、お菓子に使用されるかどうか定かではありませんが、もし何か作ってみたらまた、ご紹介します。

とってもおいしゅうございました。

ありがとね。

続きを読む "ウス茶糖" »

Peach_1

サンディエゴに帰ってまいりました。

すっかり時差ぼけ&ボケです。生活リズムをカンペキに忘れました。一体私は、日々どうやって暮らしていたのですかねぇ??? 

 

それにしても、久々の実家生活、楽しかったなぁ~。

平日の真昼間から母とお買い物。美味しいランチに舌鼓・・・ なんと贅沢な時間だったことか。。。 

そうそう。帰る前日に行った、吉祥寺の伊勢丹地下にある、"わらべ"という和食バイキングのお店、とっても美味しかったな~。 やっぱり日本、和食って素敵。

人だらけでうるさいし、電車には酔うし、蒸し暑さで倒れそうだったという事実はこの際忘れよう。。。。 いや、やっぱり忘れられない。 あれはやっぱり辛かった。

それにしても、眠い・・・眠いなぁ~

・・・ってなことを考えつつ、ボーっとしていると、あっという間に夕方です。

ダメダメだー。

  

昨日は、空っぽの冷蔵庫を埋めるべく買い物へ。

最後に行ったCostcoでゲットしたのがこの桃。帰国前に積み上げられていたマンゴやパパイヤは姿を消し、この白桃含めた桃類がドーン。

早速一箱お買い上げ。(Costcoだけに、箱買い。12個で8ドル、安いっ)

 

実は以前、"桃のむき方"をCookpadで見つけて、どーしても試してみたかったのです。

真ん中にある巨大な種が邪魔で、どうすれば綺麗にカットできるのかなぁ?といつも悩んでいたもので、この方法は是非ともやってみなければ、と、桃の時期を待っておりました。

早速挑戦。 

Peach_2_2

残念ながら日本の桃のようにスル~っと皮がむけないのですが、いつもよりもずっと綺麗にカットできました。

え?肝心なのはお味??

もっちろん、Cosctoだけに、とってもおいしゅうございます。今朝もキッチンには甘い香りが漂っております。

12個全てが食べごろ状態になりつつあるので、食べきれない分はシャーベットにしようかな^m^

 

※背景に写っているイチゴ柄の物体は、吸水スポンジ。

水切り籠代わりに、と思い買っていました。

可愛いいのですが、使い勝手としては『・・・・・』です。湿ったところが乾くと、そこだけ縮むんだもーん(+_+)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ