« ネクタリンのゼリー | トップページ | カルボナーラ »

バナナキャラメルケーキ

Photo

新しい型を、買いました。

上の写真の左側、マーガレットというかひまわりというか・・・お花の形の型です。

これが、Creat & BarelのOutletショップで、2.5ドルが1.75ドルに。

またまた2個、購入。 先日買ったミニ・クグロフ型よりも更に小さいケーキが焼けます。

Photo_2

この、ミニケーキ型を使ってキャラメルバナナケーキを焼きました。

marimoさんのカラメルナッツケーキバナナケーキの両方を見て配合を決めて作ってみました。お花の型がかなり小さいので、卵1個の配合で生地を作ってみたら、お花の型2個とクグロフ型が小さめに1つ、焼けました。

手順はmarimoさんのバナナケーキを参考にしてください。

*材料* 
   お花の型2個+実にクグロフ型

バター           35g
さとう           30g
小麦粉          35g
アーモンドパウダー   10g
卵            1個

くるみ          15g

バナナ    1/2本
さとう     15g
生クリーム    15g
水        少々

バナナはフォークの背でつぶしておいて、作ったキャラメルに入れて余熱で火を通したものを使いました。

続いて、バター、さとう、卵、粉類の順に混ぜ、胡桃をいれて混ぜてからキャラメルバナナを入れて、型で焼きます。キャラメルの混ぜ込みは、マーブル状に残るくらいでよいと思います。

キャラメルはもう少し量を増やしてもよかったかもしれません。

中心付近が焼くと膨らむので、生地を型に流し込んだ時は中心付近をへこませておくと、綺麗に焼けると思います。

180度で23分の焼き時間でした。

 

胡桃とキャラメルに、バナナの風味たっぷりですごーく美味しかったです。お茶のお誘いを頂いた友人宅へのお土産にしたのですが、好評でした♪

焼きたてのフワフワも美味しいけれど、じっくり冷蔵庫で冷やしていただいても美味しいです。バナナの香りがふわ~っとして、胡桃の食感と香ばしさがとても効いています。

今度はパウンド型で焼こうかなー^m^

★ ☆ ★

こうしてしょっちゅう、ケーキやパンを焼いている私ですが、知らなかったことが一つ。

今、日本ではバターの品薄状態が続いているんですってね。

生乳が不足しているのだとか。 知りませんでした。。。 

乳牛を育てて搾乳できるようになるには2年はかかるそうですから、この品不足、簡単には解消されないのかもしれないですね。。。 飼料の値段が高騰しているそうですし、酪農家の皆さんにとってみれば、ここで乳牛を増やしても、2年後に生乳の需要がどうなっているか判らないとなると、リスクがありますから、判断が難しいと思います。

気軽にバターを購入して手づくりケーキが焼ける環境にあることを、感謝しなくちゃいけないですね。

カメラ α350

« ネクタリンのゼリー | トップページ | カルボナーラ »

焼き菓子」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1008339/20704250

この記事へのトラックバック一覧です: バナナキャラメルケーキ:

« ネクタリンのゼリー | トップページ | カルボナーラ »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ